サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 追悼、国民的マンガ家の真髄【2】/【さくらももこ】の東洋思想と死生観

――COUNT DOWN JAPAN 17/18への出演や、コンテストでいくつかいい賞を取ったバンドのボーカル・セックスフラペチーノが、書きつける歌詞に多大な影響を与えたコジコジへの愛を語った。

1901_P058-061_sakura_clmn2_320.jpg
ドアノブロックのボーカルで、作詞も担当するセックスフラペチーノ。以後、お見知り置きを。

 さくら作品には宗教的な魅力がある。子ども心をつかんで離さず、そのまま大人心までゆっくりと引っ張っていく長い長い力だ。

 子どものころ、本棚の隅に刺さった古ぼけたコジコジはいとも簡単に私の子ども心を鷲掴みにした。笑いが止まらなくなる漫画に出会ったのは初めてだった。ただコジコジが本領を発揮してくるのは、私の子ども心が10年程時間をかけて、大人心に生え変わろうとしている時なのだ。幼少期と同じでゲラゲラと笑えるのに、ふとしたセリフに考えさせられたり、ゲラゲラがニヤニヤになったりする。

 コジコジに出てくる好きなセリフに、「神さまは心の中をウロウロしているのでそこら辺をウロウロしていません。」というのがある。

 しかもこれはプッと笑ってしまうような話のオチに使われる。色々な解釈の仕方があるだろうが、私にとってこの言葉ほど私の宗教観にぴったりな言い回しはない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』