サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 追悼、国民的マンガ家の真髄【2】/【さくらももこ】の東洋思想と死生観

――COUNT DOWN JAPAN 17/18への出演や、コンテストでいくつかいい賞を取ったバンドのボーカル・セックスフラペチーノが、書きつける歌詞に多大な影響を与えたコジコジへの愛を語った。

1901_P058-061_sakura_clmn2_320.jpg
ドアノブロックのボーカルで、作詞も担当するセックスフラペチーノ。以後、お見知り置きを。

 さくら作品には宗教的な魅力がある。子ども心をつかんで離さず、そのまま大人心までゆっくりと引っ張っていく長い長い力だ。

 子どものころ、本棚の隅に刺さった古ぼけたコジコジはいとも簡単に私の子ども心を鷲掴みにした。笑いが止まらなくなる漫画に出会ったのは初めてだった。ただコジコジが本領を発揮してくるのは、私の子ども心が10年程時間をかけて、大人心に生え変わろうとしている時なのだ。幼少期と同じでゲラゲラと笑えるのに、ふとしたセリフに考えさせられたり、ゲラゲラがニヤニヤになったりする。

 コジコジに出てくる好きなセリフに、「神さまは心の中をウロウロしているのでそこら辺をウロウロしていません。」というのがある。

 しかもこれはプッと笑ってしまうような話のオチに使われる。色々な解釈の仕方があるだろうが、私にとってこの言葉ほど私の宗教観にぴったりな言い回しはない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』