サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 追悼、国民的マンガ家の真髄【2】/【さくらももこ】の東洋思想と死生観

――COUNT DOWN JAPAN 17/18への出演や、コンテストでいくつかいい賞を取ったバンドのボーカル・セックスフラペチーノが、書きつける歌詞に多大な影響を与えたコジコジへの愛を語った。

1901_P058-061_sakura_clmn2_320.jpg
ドアノブロックのボーカルで、作詞も担当するセックスフラペチーノ。以後、お見知り置きを。

 さくら作品には宗教的な魅力がある。子ども心をつかんで離さず、そのまま大人心までゆっくりと引っ張っていく長い長い力だ。

 子どものころ、本棚の隅に刺さった古ぼけたコジコジはいとも簡単に私の子ども心を鷲掴みにした。笑いが止まらなくなる漫画に出会ったのは初めてだった。ただコジコジが本領を発揮してくるのは、私の子ども心が10年程時間をかけて、大人心に生え変わろうとしている時なのだ。幼少期と同じでゲラゲラと笑えるのに、ふとしたセリフに考えさせられたり、ゲラゲラがニヤニヤになったりする。

 コジコジに出てくる好きなセリフに、「神さまは心の中をウロウロしているのでそこら辺をウロウロしていません。」というのがある。

 しかもこれはプッと笑ってしまうような話のオチに使われる。色々な解釈の仕方があるだろうが、私にとってこの言葉ほど私の宗教観にぴったりな言い回しはない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載