> 202302の検索結果

202302 の検索結果

インタビュー
P様の匣

【瀧 七海】弱冠17歳ですでに、ドラマにCMにと引っ張りだこの最注目女優

―― 春から高3、事務所の練習生だった頃までは嫌々受けていたレッスンを乗り越えた瀧 七海。将来は俳優一本でいく覚悟をきめた、ブレーク直前の表情。 画面に映る彼女は、時にあどけない笑顔を見せたり、時に憂いを帯...

【瀧 七海】弱冠17歳ですでに、ドラマにCMにと引っ張りだこの最注目女優
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第169回

【マスター〜見えない敵〜】東部名門大学で繰り広げられる“見えない”差別

―― 雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。 『マスター〜見えない敵〜』舞台はアメリカの東部にある架空の一流大学。その...

【マスター〜見えない敵〜】東部名門大学で繰り広げられる“見えない”差別
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【79】

モードとクラシカル 令嬢ファッションで魅了した佳子様と愛子様のお姿をキャッチ

―― 日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます 日本に明るい話題をもたらしてくれた、お2人のプリンセス。2022年12月29日、28歳の誕生日を迎えられた佳子様の動画が公開されました。...

モードとクラシカル 令嬢ファッションで魅了した佳子様と愛子様のお姿をキャッチ
連載
AmamiyaMaakoの「スタジオはいります」【14】

【hy4_4yh】メンタルを鍛える術も学んでいく

―― クリエイティブを学び取れ! 気鋭のDTM女子による音楽道場破り [今月のゲスト]hy4_4yh(はいぱーよーよ) 世界にYAVAY(ヤバイ)を発信するyukarin(ゆかりん)とchanchala(ち...

【hy4_4yh】メンタルを鍛える術も学んでいく
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【180】

国際比較から見る日本の“やばい”現状とその解

―― ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地 [今月のゲスト]本田由紀(ほんだ・ゆき)[東京大学大学院教育学研究科教授/教育社会学者] 1964年、徳島県生まれ。94年東京大学大学院教育学研究...

国際比較から見る日本の“やばい”現状とその解
第1特集
ターちゃんの“ケツ吹き矢”は子どもの心にも刺さる!

『おぼっちゃまくん』は令和の小中学生にウケるのか!?

―― 主役が発するうんこちんこは当たり前、女性キャラでもおっぱいを惜しみなく披露し、挙げ句にはお尻まで――。90年代を彩ってきたギャグマンガは、こうした描写の雨あられ。今となっては到底考えられないこのような...

『おぼっちゃまくん』は令和の小中学生にウケるのか!?
第2特集

ホストたちの明日はどっちだ!? 歌舞伎町最大のホストグループ擁する 現役ホスト5人がアイドルデビューするって、どういうこと?

―― 何やらゴツゴツした岩場で、遠くを見つめるイケメン5人組。いったいあなたたち、誰なんですか? 「夢に向かってまっ直ぐに。僕たち、次世代型アイドルグループ『ぐるちょく』です!」(5人で唱和) は、はあ……...

ホストたちの明日はどっちだ!? 歌舞伎町最大のホストグループ擁する 現役ホスト5人がアイドルデビューするって、どういうこと?
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【80】

幽霊、萌えとバンドマンガの果てに。

―― ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった? 生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉 久々のマンガ特集だが、『ぼっち・ざ・ろっく!』(は...

幽霊、萌えとバンドマンガの果てに。
第1特集
サイトは海外へと移り、問題は国際化

海賊版の被害は年間1兆円以上! 深刻化する「漫画村問題」のその後

―― 現在のマンガ業界を語るうえで無視できない問題のひとつが、ネットで“タダ読み”できてしまう海賊版マンガサイトの存在だろう。2019年の「漫画村」運営者逮捕は、あらゆるメディアで大きく取り上げられた。その...

海賊版の被害は年間1兆円以上! 深刻化する「漫画村問題」のその後
連載
澁川祐子の「味なニッポン戦後史」【11】

「陳建民が最初に紹介」はガセ 麻婆豆腐が食卓を席巻した真相「辛味」(前篇)

―― 甘い、辛い、酸っぱい……日本の食生活で日常的に出くわす味がある。でも実は、“伝統”なんかではなく、近い過去に創られたものかもしれない――。味覚から知られざる戦後ニッポンを掘り起こす! 大学時代、知り合...

「陳建民が最初に紹介」はガセ 麻婆豆腐が食卓を席巻した真相「辛味」(前篇)
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【20】

推しを見つけて飛躍する23年の有言実行

―― ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。 年が明けて一発目のダルジョミさんには、改めて振り返る印象的だった昨年の出来事から、毎年恒例「今年の有言実行」を語ってもらいまし...

推しを見つけて飛躍する23年の有言実行
第1特集
もはやマンガ界はウェブを中心に回っている?

エロいコマにグーグル&広告規制が それでも稼ぐウェブマンガの世界

―― 紙のコミックと電子コミックの売り上げは逆転してはや数年――。アプリをダウンロードし、電子コミックをスマホで読むスタイルはすっかり定着、今やマンガはオンラインで読む時代だ。その最新事情をウェブコミックを...

エロいコマにグーグル&広告規制が  それでも稼ぐウェブマンガの世界
第2特集

MEN IN BLACK 葵揚、 夜の池袋を歩く

―― NHK朝ドラ『舞いあがれ!』でねじ工場の職人を爽やかに好演する注目の俳優は、夜の街の闇に溶け込むと、思案深げな表情を見せた。 放送中の朝ドラ『舞いあがれ!』で、ヒロインの実家が経営するねじ工場の職人を...

MEN IN BLACK 葵揚、 夜の池袋を歩く
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【24】

【Whitney Houston】悲劇より歌声に注目を

―― 人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う! Whitney Houston 05年にはブラウン/ヒューストン家に密着す...

【Whitney Houston】悲劇より歌声に注目を
第1特集
ジェンダー問題としての議論も巻き起こるマンガ雑誌のセグメント分け

性別・年齢による区分は時代遅れ? マンガ雑誌に「少年」が付く理由

―― 日本のマンガ文化を支えてきたマンガ雑誌の名前には、「少年」や「少女」、「ヤング」といった対象読者層を示す言葉が冠されることも多い。一方で、少年マンガを愛読する女性や女性向けマンガを楽しむ男性読者も当た...

性別・年齢による区分は時代遅れ? マンガ雑誌に「少年」が付く理由
インタビュー
P様の匣

【Ashley】カルマを受け入れ、天性のスキルで勝負する才女

―― 昨年のデビューから、瞬く間にその名を轟かせることになった女性シンガーがいる。出自などの詳細はヴェールに包まれたままだったが、本誌の取材で彼女が口を開く。 昨年夏、ミステリアスなシングル「Ghost」で...

【Ashley】カルマを受け入れ、天性のスキルで勝負する才女
連載
NewsPicks後藤直義の「未来経済グリーン」【1】

良心で、地球は救えない。100兆円企業をつくることで、地球を救うカリスマ投資家

―― ある科学者は言う「気候危機に根拠はない」と。 ある投資家は言う「SDGsに逆張りしたほうが儲かる」と。 彼らがいかに否定しようとも “グリーン経済”は大きく動き始めている。 世界で今、起こっているこの...

良心で、地球は救えない。100兆円企業をつくることで、地球を救うカリスマ投資家
第1特集
まさかの“4コマ婚”も生まれる舞台

風刺を利かせて数十年 知る人ぞ知る長寿4コマ

―― なんの気なしに気軽に読め、新聞や雑誌、一時は4コマ専門マンガ誌が活況を呈すなど、日本のマンガ文化とは切っても切れない存在の4コママンガ。本稿では図書館や書店、デジタルメディアを駆使して捜索し、「誰もが...

風刺を利かせて数十年 知る人ぞ知る長寿4コマ
連載
小原真史の「写真時評」【116】

動物の生殺与奪(下)

―― 過去から見る現在、写真による時事批評 ベルリンとミュンヘンの動物園で絶滅動物をよみがえらせようと試みたルッツ・ヘックと弟のハインツ・ヘックの兄弟は、ナチスの高官ヘルマン・ゲーリングとも近しい関係にあっ...

動物の生殺与奪(下)
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第96回

ネット歴30年のエキスパートと一緒にメタバース、Web3、ポストスマホについて語ってみた

―― 通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案! イーロン・マスクがツイッター買収で世間を騒がせ、コンビ二バイトがイタズラを投...

ネット歴30年のエキスパートと一緒にメタバース、Web3、ポストスマホについて語ってみた
第1特集
『BASTARD!!』の乳袋は誰のため!?

マンガ業界本日モ反省ノ色ナシ 窓際マンガ業界人(危)匿名座談会

―― 2018年2月号に掲載し、局地的な話題を呼んだ業界人たちの匿名座談会が老害力マシマシで帰ってきた! 集英社、講談社、小学館、KADOKAWAの内部事情から、ウェブトゥーンの死屍累々まで、実名ではとても...

マンガ業界本日モ反省ノ色ナシ  窓際マンガ業界人(危)匿名座談会
第2特集

世界でバズる“バイラルボディ” 宮本彩希

―― えなこ、伊織もえ、篠崎こころを擁するPPエンタープライズの中堅が本誌に満を持して登場。彼女はツイッターに何気ない写真を投稿すれば、世界中で拡散されてしまうほどの「バズる女」であることをご存知だろうか?...

世界でバズる“バイラルボディ” 宮本彩希
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第30回】

宗教の根源と日本人の宗教観

―― 人間にとって宗教とはそもそも何なのか。そして、無宗教といわれる日本人に特有の宗教観とは。今こそ考えたい宗教と人間、そして日本人の関わりについて宗教学者の島田裕巳氏に聞く。 今月のゲスト 島田裕巳[宗教...

宗教の根源と日本人の宗教観
第1特集
「拓海」という名前の子どもが増えた!

『頭文字D』は道交法違反だが……「走り屋」マンガのリアリティと影響

―― ある時期、公道の「走り屋」を題材にした2つのマンガが同じ雑誌で連載され、爆発的な人気を獲得した。『頭文字D』と『湾岸ミッドナイト』である。ただ、峠や首都高を「攻める」ような作品は今の時代、コンプラ的に...

『頭文字D』は道交法違反だが……「走り屋」マンガのリアリティと影響
連載
雨宮純の「現代怪事廻説」【5】

〈怪事No-05〉陰謀論とも急接近 「スピリチュアル商売」

―― インターネットに蔓延り、人々を惑わす幾多の陰謀論の正体を、怪事解明ライターが紐解く――。 1月中旬のことだ。はちきれんばかりの笑顔で「大大大大大出世!」と集団で叫ぶ40~50代女性の集団がTikTok...

〈怪事No-05〉陰謀論とも急接近 「スピリチュアル商売」
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
「考察」「クイズ」「マーダーミステリー」といったブームを網羅!?

大手新聞もツイッター騒動を報道 『H×H』冨樫義博“神格化”の謎

―― 冨樫義博氏による人気マンガ『HUNTER×HUNTER』の話題を、ネットニュースがこぞって取り上げるようになっている。連載開始から25年を経た人気作が今、再び注目を集めるようになった、その理由とは? ...

大手新聞もツイッター騒動を報道 『H×H』冨樫義博“神格化”の謎
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第162回「寒い夜だから」

―― 短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ 念力事報 第162回「寒い夜だから」

念力事報 第162回「寒い夜だから」
第1特集
もう宮城リョータは活躍できない?

今のNBAやBリーグと比較!『SLAM DUNK』本当の戦力

―― 映画『THE FIRST SLAM DUNK』が大ヒット上映中だ。原作マンガも大人気を博し、スポーツにおけるバスケの地位を向上させたが、連載が終わったのは四半世紀以上も前のこと。あれから現実のバスケ自...

今のNBAやBリーグと比較!『SLAM DUNK』本当の戦力
第1特集
アプリ配信では「童貞」と「包茎」がNGワード!?

『ブルーロック』は腐女子に人気 2023年のマンガ業界(秘)話

―― マンガを読まなくなって久しい読者もいるかもしれないが、近年は話題作が目白押し! それでは、今のマンガ業界で、注目の作品とは一体何なのだろうか? そこで、編集者やマンガアプリ関係者、そして現役マンガ家た...

『ブルーロック』は腐女子に人気 2023年のマンガ業界(秘)話
インタビュー
P様の匣

【石川翔鈴】「パスポートもマイナンバーカードも顔写真が盛れてないのが嫌」

―― “映え”に命懸けのイマドキ女子のインフルエンサーが出演する「ホラードキュメンタリー」! 「もともと心霊現象は信じていなかったんですけど、撮影のあとにお祓いをしてもらったら、心身ともにすごくすっきりして...

【石川翔鈴】「パスポートもマイナンバーカードも顔写真が盛れてないのが嫌」
連載
マルサの女

【えなこ】「にわか」と言う勿れ。

―― マンガ特集をテーマに表紙&巻頭グラビアに出演いただいたのは、ご存じプロコスプレイヤーのえなこさん。本誌には1年半ぶりのご登場となるのですが、この間大きく変わったことはありましたか? 「バラエティ番組を...

【えなこ】「にわか」と言う勿れ。
サイゾープレミアム

2024年2月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ