> 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【7】

「能動的ぼっちの特異な視点」

―― 昨年から乃木坂46を兼任し、広く人気を集める松井玲奈。ライブで見た彼女は、その淑やかな外見から想像もつかない激しさで踊り、会場を盛り上げていた。線の細い〈薄命の美少女〉のイメージを鮮やかに覆された。

「能動的ぼっちの特異な視点」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【13】

「サトエリ、イエローキャブでまつ(沖雅也のノリで)」

―― 佐藤江梨子が好きだ。こう言うと若い読者などは「結婚したし、妊娠もしているじゃないか」と思うだろう。

「サトエリ、イエローキャブでまつ(沖雅也のノリで)」
連載
【DJ】MOODMANのゲームに電源はいらない【8】

「行きたくないパーティ 行かないでこのゲーム」

―― 人生は思春期を起点にねじ曲がり続ける。奇才フリードマン・フリーゼによる『むかつく友達、行きたくないパーティ』(『Fiese Freunde Fette Feten』)は、10代に始まるさまざまな苦難を...

「行きたくないパーティ 行かないでこのゲーム」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【12】

「歌舞伎を見に行くってプロレスに行くことだよね?」

―― 『東洋の神秘 ザ・グレード・カブキ自伝』(辰巳出版)を読んで非常に困惑している。僕がプロレスの聖典としている『プロレス スーパースター列伝』(小学館)で描かれている内容と、本人が語るこれまでの軌跡に食...

「歌舞伎を見に行くってプロレスに行くことだよね?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【12】

【西森路代】「イケメンの意識から男の生き方を探る旅は続く」

―― ちょうどこの連載が始まって、1年を迎えた。インタビューを受けてくれる方を探すのには大変苦労したが、最終的には2人のイケメンの方に登場いただくことができた。

【西森路代】「イケメンの意識から男の生き方を探る旅は続く」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【13】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、"マンガ家"とは?」

―― ついに最終回。潔くテーマは「マンガ家」です。今回は僕が長年考えているこの職業の"謎"について。その謎とは、同窓会なんかに行くと言われる「服部はクリエイターだしね」発言&その時いつも思う「えっ俺ってクリ...

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、
連載
【脚本家】林賢一の優雅で感傷的な説明書【5】

「小便器の取扱説明書でぶっ飛んだ!」

―― 自宅にある家電や家具などの取扱説明書は購入時に一読するものだ。だが街中で何なく使用しているモノ、例えば公共トイレの説明書はどうだろう? あまり読む機会はない。実はTOTOのホームページでダウンロードが...

「小便器の取扱説明書でぶっ飛んだ!」
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【6】

「終わりのない夢小説の主人公」

―― 昨年から3人メインの新体制となったSexyzone。最年長、中島健人の愛称は「ラブホリ王子」(ラブホリック=恋愛依存症)。彼が語る「理想の恋愛」は具体的で、セリフも満載。「姉に恋をしたら」という危うい...

「終わりのない夢小説の主人公」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【12】

「おい!秋元才加がダブルデートしているんだぞ!!」

―― いのか?放っておいて。「週刊文春」にて、前田敦子と尾上松也の2日間にわたるデート内容が報じられていたが、その中に元AKB48・秋元才加と歌舞伎役者・中村児太郎の4人で高級焼肉店でダブルデートをしていた...

「おい!秋元才加がダブルデートしているんだぞ!!」
連載
【DJ】MOODMANのゲームに電源はいらない【7】

「ワガママなミュージシャン バンドづくりでモメすぎ!」

―― 女、酒、傷害……古今東西、バンドというのは些細なことでモメるもの。そんなバンドづくりの難しさが、クールにエンターテインメント化されたボードゲームに『ニューオリンズビッグバンド』(1990年/アメリカ)...

「ワガママなミュージシャン バンドづくりでモメすぎ!」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【11】

「本を読んでふと思い出した高校の同級生O君の話」

―― 『同級生 魂のプロレス青春録』(辰巳出版)は、後藤洋央紀と柴田勝頼の2人のプロレス入りから現在までを綴った一冊。後藤と柴田は高校の同級生で、同じレスリング部に所属して、一緒にプロレスラーを目指した間柄...

「本を読んでふと思い出した高校の同級生O君の話」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【11】

【西森路代】 「『だってイケメン俳優だもの』 開き直って持ち得た強さ」

―― 富田翔さんのインタビューも最終回。30代半ばを控えた心境は?

【西森路代】 「『だってイケメン俳優だもの』 開き直って持ち得た強さ」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【12】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、女児向けアニメとは?」

―― 自分は30代にして、いわゆるプリキュアヲタだが、読者のみなさんは昨今における〈女児アニメ戦国時代〉をお知りだろうか。最新作『GO!プリンセスプリキュア』で放送12年目を迎えた定番プリキュアシリーズは、...

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、女児向けアニメとは?」
連載
【脚本家】林賢一の優雅で感傷的な説明書【4】

「お掃除ロボの取扱説明書をガチ読みしたら、ぶっ飛んだ!」

―― お掃除ロボット・ルンバを実際に使っている人を見たことがない。なぜか?みんな結構狭い部屋に住んでいるからだ。なので、ルンバに興味はあるのだが、使用感を聞けない。そこで、本来は購入後に一読するものだが、購...

「お掃除ロボの取扱説明書をガチ読みしたら、ぶっ飛んだ!」
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【6】

「自己愛に覆われた 世界大の人類愛」

―― もしも生まれ変われるなら、また自分に生まれたい。――HIRO(EXILE)

「自己愛に覆われた 世界大の人類愛」
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』