サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【サラリーマン・西国分寺哀】「サトエリ、イエローキャブでまつ(沖雅也のノリで)」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【13】

「サトエリ、イエローキャブでまつ(沖雅也のノリで)」

+お気に入りに追加

――あの事件現場は、その後どうなってる?気になるから行ってみた。

1504_ccc_05.jpg
ネットに掲載されていたここは、なんだったのだ。紛らわしいのでJAROに電話してやる所存だ。

 佐藤江梨子が好きだ。こう言うと若い読者などは「結婚したし、妊娠もしているじゃないか」と思うだろう。

 だが、私のように30代後半ともなると、それすらも"ソソる"要素になるわけで、つくづく年をとるのも悪くないと思う今日この頃。そんな折、サトエリが所属していたイエローキャブが事業停止になったという報を聞きつけ、さっそく現地で張り込みを開始することにした。

 なぜ倒産した事務所へ?と思うだろう。例えば学校を卒業して数カ月後、ふと母校に立ち寄ってみたくなったという経験はないだろうか。妊娠、結婚に加え、事務所の倒産、移籍という環境の変化に"おセンチ"になったサトエリが、古巣の事務所があった地を訪れるという可能性はゼロではない。なんならその不安定な心の隙間に入り込みたいという野心も込みである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ