サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【MOODMAN】ワガママなミュージシャンのバンドづくりゲーム
連載
【DJ】MOODMANのゲームに電源はいらない【7】

「ワガママなミュージシャン バンドづくりでモメすぎ!」

+お気に入りに追加

――DJがレコードをゲームに持ちかえ"電源不要遊戯"の楽しみ方を伝授!

1503_ccc_03.jpg
バンド運営で人間関係はやはり重要なんだな……と実感する『ニューオリンズビッグバンド』。

 女、酒、傷害……古今東西、バンドというのは些細なことでモメるもの。そんなバンドづくりの難しさが、クールにエンターテインメント化されたボードゲームに『ニューオリンズビッグバンド』(1990年/アメリカ)があります。

舞台は、個性的ミュージシャンが集まるニューオリンズのフレンチクォーター。あなたはエージェントとなりこの町を徘徊し、ミュージシャンをスカウトし、究極のバンドを組み上げなければいけません。ゲームのシステム的には単純で、自分の手番が来たらコマを動かし、止まったコマのカードをめくり、そこに書かれているミュージシャンをバンドに入れる……と書くとゲーム性が低く、コンセプト落ちの匂いがプンプンしますが、これが意外となかなか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載