> 連載  > マルサの女
連載
マルサの女

【永尾まりや】正論、言いがちなんです。

―― 「普通に水着でびっくりしました」と話すのは、3回目のカバー登場となる、元AKB48の永尾まりやさん。いつも奇抜なテーマで撮影する現場だけに、拍子抜けされたそうですね。

【永尾まりや】正論、言いがちなんです。
連載
マルサの女

【石田桃香】“大食い動画”ばっかり見ちゃうんです。

―― 本誌登場2度目にしていよいよ表紙を飾った「浪速のピーチ姫」石田桃香さん。本日の撮影はいかがでしたか?

【石田桃香】“大食い動画”ばっかり見ちゃうんです。
連載
マルサの女

【都丸紗也華】このへんで跳ねたいんです。

―― またもや記録更新? 本誌巻頭グラビアへの登場が誌上最多の6度目となる都丸紗也華さんです。都丸さんといえばご家族トークですが、最近地元・群馬には帰ってますか?

【都丸紗也華】このへんで跳ねたいんです。
連載
マルサの女

【華村あすか】イオンで十分なんです。

―― 花と美女を題材に1年間続けてきた巻頭グラビアシリーズも、今月号で最終回。そのラストシュートは「花」つながりで女優・グラビアアイドルの華村あすかさんにご登場いだたきました。

【華村あすか】イオンで十分なんです。
連載
マルサの女

【宮下かな子】めちゃくちゃ歩くんです。

―― 「引っ越ししたばかりで、荷解きも終わってないんです」と話すのは女優としてちゃくちゃくと活躍中の宮下かな子さん。何か環境は変わりましたか?

【宮下かな子】めちゃくちゃ歩くんです。
連載
マルサの女

【大間乃トーコ】ワンピースのボタンが飛んじゃうんです。

―― 「服を着て撮影するのが珍しいので新鮮でした」と受け取り方によってはギョッとしちゃうセリフで巻頭グラビアを振り返ってくだすったのは、芸能界入りしてちょうど丸1年たったという大間乃トーコさん。青森県出身と...

【大間乃トーコ】ワンピースのボタンが飛んじゃうんです。
連載
マルサの女

【福井セリナ】ポッと来てポッと入ったんです。

―― 巻頭インタビューを見るなり「こんなに私のこと書いてもらえるんだ」と喜びの声を上げたのは薬剤師志望のリケジョから一転、就活中に芸能界入りを決めたという福井セリナさん。かなり珍しい転向ですけどもどういった...

【福井セリナ】ポッと来てポッと入ったんです。
連載
マルサの女

【北向珠夕】33歳に見られたんです。

―― まだ19歳ながらファッションモデル顔負けの8等身ボディでスタッフのおじさんどもを圧倒したのは、アグネス・ラムや松嶋菜々子らが名を連ねる旭化成グループキャンペーンモデルの第43代目に選出された北向珠夕さ...

【北向珠夕】33歳に見られたんです。
連載
マルサの女

【RaMu】二郎デビューしたんです。

―― 「週5ラーメンはやめました。さすがに」

【RaMu】二郎デビューしたんです。
連載
マルサの女

【小倉優香】韓国の友達が多いんです。

―― 20周年記念号からわずか1月、再び小倉優香さんに表紙&巻頭グラビアにご登板いただきました。

【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
連載
マルサの女

【平嶋夏海】大型バイクに夢中なんです。

―― 植物とのしっとりした大人なフォトシューティングに出演いただいたのは、黎明期からのメンバーとして知られる元AKB48の平嶋夏海さん。本誌には何度も登場いただいていますが、表紙&巻頭は2年半ぶり。いかがで...

【平嶋夏海】大型バイクに夢中なんです。
連載
マルサの女

【小倉優香】南米に行きたいんです。

―― 記念すべき(?)令和一発目、さらに本誌20周年の表紙を飾るのはグラビアのみならずタレント、女優としても活躍中の小倉優香さん。巻頭には3度目の登場となりますが、お気持ち的にいかがでしょうか? 初めてのイ...

【小倉優香】南米に行きたいんです。
連載
マルサの女

【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。

―― 今回で5度目と、本誌巻頭グラビア最多登場かもしれない都丸紗也華さん。もはや準レギュラーですね。私も年2回ペースでお会いしていて、かつて所属していたアイドルグループFYT(ファイト)のことや、ラーメン好...

【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
連載
マルサの女

【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。

―― プレゼントをテーマにしたビジュアルワークにご協力いただいたのは、表紙には1年半ぶりのご登場となる永尾まりやさん。なんと撮影に先立ちスタッフ全員にバレンタインのクッキーをプレゼントしていただきました!

【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
連載
マルサの女

【園都】サウナーなんです。

―― 「お久しぶりです!」と元気よく挨拶してくれたのはちょうど1年ぶりに巻頭グラビアにご登場いただいた園都さん。そろそろ平成が終わろうというのに、その豊満で古風なたたずまいから“昭和のエロス”との異名を持っ...

【園都】サウナーなんです。
サイゾープレミアム

2020年6月号

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ