> 加藤綾子の検索結果

加藤綾子 の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

加藤綾子アナがフジテレビの“新・女帝”に! 新番組で「人事権掌握」の異常事態

――  フジテレビの「新女帝」に君臨か!? フリーアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子が、4月1日にスタートするフジテレビ系ニュース番組のメインキャスターに起用され、初めて報道番組のキャスターを務めること...

加藤綾子アナがフジテレビの“新・女帝”に! 新番組で「人事権掌握」の異常事態
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

明石家さんまが『ぐるナイ』で“円形ハゲ”を御開帳……加藤綾子にフラれたストレス?

―― 「お笑い怪獣」も、人知れずストレスを抱えていたのかもしれない。  7月19日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では、7月3日に63歳の誕生日を迎えた明石家さんまがゲスト出演し、...

明石家さんまが『ぐるナイ』で“円形ハゲ”を御開帳……加藤綾子にフラれたストレス?
第1特集
AKB化する女子アナ新時代

敵はAKB48にジャニーズ? 容姿だけではエースになれない!――モンスターアナ水卜爆誕で激変! 美人は残れない女子アナ新世紀

―― 才色兼備なイメージが強い女子アナウンサー。しかし現在、美人で賢いだけでは生きていけない業界に様変わりしている。日本テレビの水卜麻美、フジテレビの山﨑夕貴の人気の一方で、正統派美人として人気を博した加藤...

敵はAKB48にジャニーズ? 容姿だけではエースになれない!――モンスターアナ水卜爆誕で激変! 美人は残れない女子アナ新世紀
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

日テレ『スッキリ』打ち切りへ!? 池上彰&加藤綾子で新番組の準備着々……

――  NHKから独立した有働由美子アナウンサーを『NEWS ZERO』に迎え入れた日本テレビが、早くも次の一手を打ってきた。テレビ関係者が、こう耳打ちする。 「8月上旬にジャーナリストの池上彰と元フジテ...

日テレ『スッキリ』打ち切りへ!? 池上彰&加藤綾子で新番組の準備着々……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

「カトパンを抱きたい」明石家さんまの“セクハラ発言”に、女性から批判の嵐

――  4月には財務省の福田淳一前事務次官、5月には東京都狛江市の高橋都彦市長のセクハラ問題が世間を騒がせた。そんな時期に、芸能界の“トップ”がテレビで放った一言が、女性たちから猛バッシングを受けている。

「カトパンを抱きたい」明石家さんまの“セクハラ発言”に、女性から批判の嵐
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

加藤綾子の“魔性”が『ブラックペアン』現場で大暴れ!? 濃厚フェロモンに男性陣はメロメロ

――  嵐の二宮和也の主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)が好調をキープしていることもあり、このところネット上で話題を集めているのが、本格女優デビューを果たしたフリーアナウンサーの加藤綾子だ。

加藤綾子の“魔性”が『ブラックペアン』現場で大暴れ!? 濃厚フェロモンに男性陣はメロメロ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『ブラックペアン』への抗議で“カトパン”加藤綾子が出番激減危機!

―― “女優”加藤綾子に、思わぬ火の粉が降りかかってしまった。  放送中の嵐・二宮和也主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で、治験コーディネーターに扮し、本格女優デビューを飾ったカトパンだが、日本臨床...

『ブラックペアン』への抗議で“カトパン”加藤綾子が出番激減危機!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

“カトパン”加藤綾子アナ、明石家さんまを切って次の大物に「媚び力」発揮中!?

――  嵐・二宮和也が主演する4月22日スタートのドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で、フリーアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子が本格女優デビューを果たすことが話題を呼んでいる。

“カトパン”加藤綾子アナ、明石家さんまを切って次の大物に「媚び力」発揮中!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

“カトパン”の女優デビューに大ブーイング!? 嵐・二宮和也との共演に「伊藤綾子と一字違いだから見たくない!」

―― “カトパン”ことフリーアナウンサーの加藤綾子が、4月スタートの日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)で本格的に女優デビューすることが発表された。

“カトパン”の女優デビューに大ブーイング!? 嵐・二宮和也との共演に「伊藤綾子と一字違いだから見たくない!」
ニュース
【premium限定ニュース】

加藤綾子の「Eカップ」白状に女子アナファンが耳をふさいだワケ

――  元フジテレビでフリーアナの加藤綾子がベールに包まれていた“秘密”を告白し、話題を呼んでいる。4月12日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、MCの明石家さんまからバストの話を振られ、本人...

加藤綾子の「Eカップ」白状に女子アナファンが耳をふさいだワケ
ニュース
【premium限定ニュース】

カトパン退社のジリ貧フジテレビ、「成果は社屋前に噴水を作ったことくらい」の亀山社長がついに退任か!?

―― カトパンフリー転身を巡ってフジテレビが揺れている。冬のボーナス大幅カットに始まり、下げ止まらぬ視聴率、そしてカトパン退社の一報が決定打となり、局内は水を打ったように静まり返っている。瀕死寸前の状態のな...

カトパン退社のジリ貧フジテレビ、「成果は社屋前に噴水を作ったことくらい」の亀山社長がついに退任か!?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【2】

拝啓、加藤綾子さま。たび重なる「退社・フリー」報道にも慣れることなく応援していきます!

―― カトパンこと加藤綾子をテレビで見かけるチャンスは意外と少ない。

拝啓、加藤綾子さま。たび重なる「退社・フリー」報道にも慣れることなく応援していきます!
ニュース
【premium限定ニュース】

仕事は“フリー並み”の好待遇!? フジテレビが加藤綾子に気を使いまくる理由

―― 「めざましテレビ」の放送中に体調不良により退席したカトパン。翌々日には元気な姿を見せファンはホッとひと安心。フジテレビいち多忙な女子アナといわれているだけに心配するむきもあるようだが、局内からは意外な...

仕事は“フリー並み”の好待遇!? フジテレビが加藤綾子に気を使いまくる理由
ニュース
【premium限定ニュース】

三十路アイドルアナのフジテレビ生野陽子"報道移籍"へ局内から不安の声

――  秋の改編に伴い、『めざましテレビ』から夕方の『スーパーニュース』に異動することになったフジテレビのショーパンこと生野陽子アナ。今年5月に女子アナの定年ともいわれる30歳となり、一部ではフリー転身も囁...

三十路アイドルアナのフジテレビ生野陽子
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

カトパン、フリー転身の置き土産? ダルビッシュと加藤綾子の熱愛"リーク合戦"の真相

――  スポーツニッポンが10日付きの紙面でスクープしたダルビッシュ有とカトパンの熱愛報道だが、メジャーリーガーと当代きっての人気女子アナという組み合わせの割には、どうも今ひとつ盛り上がっていないようだ。翌...

カトパン、フリー転身の置き土産? ダルビッシュと加藤綾子の熱愛
第1特集
次世代女子アナランキング【3】

在京5局&フリーの次世代女子アナを徹底検証──アヤパンの後釜はこのアナだ!!

―― 日本テレビ ぽっちゃりの安心感 【1】水卜麻美(24) 1987年、千葉県生まれ...

在京5局&フリーの次世代女子アナを徹底検証──アヤパンの後釜はこのアナだ!!
第1特集
次世代女子アナランキング【1】

"ぶりっ子"田中みな実と加藤綾子が頂点に!? 新世代のテレビを制する女子アナ事情

―― ──高島彩なき今、局アナ業界を背負って立つ次世代アイドルは誰だ!? フジテレビ加...

第1特集
女子アナ(裏)ランキング【2】

女子アナ界の未来を切り開く!(多分) 本誌が厳選した「今、抑えておくべき女子アナ」ランキング

―― ──女王・高島彩亡き現在の女子アナ界をリードする、本誌が独断と偏見で"ジャンル別...

女子アナ界の未来を切り開く!(多分) 本誌が厳選した「今、抑えておくべき女子アナ」ランキング
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』