サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【ニュース】加藤綾子の「Eカップ」白状にファンが耳をふさいだワケ
ニュース
【premium限定ニュース】

加藤綾子の「Eカップ」白状に女子アナファンが耳をふさいだワケ

+お気に入りに追加
201704_katohayako.jpg
「あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉」(小学館)

 元フジテレビでフリーアナの加藤綾子がベールに包まれていた“秘密”を告白し、話題を呼んでいる。4月12日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、MCの明石家さんまからバストの話を振られ、本人の口から“バストの大きさが”が明らかになったのだ。

 この日の放送の話題は「ファーストキスが年上だと結婚率が高い!?」だった。マーケティング評論家の牛窪恵氏が、ファーストキスと胸の大きさとの因果関係を裏付けるデータと共に、「1番遅いのはAカップの女性」と紹介。その流れでさんまが隣の加藤に「また胸を突き出す」とバストの大きさを自慢していると突っ込んだ。

 これに加藤は、「してないです、してないです~」と否定。そこに牛窪氏が「加藤さん、Eカップですか」と単刀直入に斬り込んだところ、加藤は恥ずかしそうに「はい」と正直に答えたのだ。

「加藤は一年中ノースリーブで体のラインが出るピッチリした服着て自ら胸を強調していますから、自信があることは間違いない。それを大げさに否定してみせる姿にあざとさを感じますね」(芸能記者)

 男性視聴者には嬉しい情報なのかと思いきや、ネット上では「聞きたくなかった」と耳をふさぐ女子アナファンも多かったという。その理由をテレビ誌記者が言う。

「細くて巨乳でビジュアルも良くてピアノ弾けて頭も良くて、悪いところが見つけられないという完全無欠さが、カトパンの売り。同性からも品のある雰囲気が支持されていました。ところが、バストサイズを明かしたことで、グラビアアイドルと変わらなくなってしまった。そもそも女子アナと胸の大きさなんてまったく関係ないですから、そこは濁したままでよかったと思います」

 大きいことは知りつつ、正確なサイズは謎のままでいいというのが女子アナファンの総意だったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』