> 連載  > 「水着と下着の考証学」
連載
下着と水着の考証学 第28回

【アキバで脱がされちゃう女】手束真知子――毎日臨戦態勢で「いつでもかかってこい(ハート)」

―― パンツからパンティみたいな?大人の下着をつけるようになったのは16歳くらいの時。グラビアのお仕事を始めるにあたって、東京に出てきた頃でした。ひとり暮らしをして、自分で下着を選ぶようになってからですね。...

【アキバで脱がされちゃう女】手束真知子――毎日臨戦態勢で「いつでもかかってこい(ハート)」
連載
下着と水着の考証学 第27回

【スカートめくりを待つ女】桜井あゆ――根が裸族なので締め付けられるのが嫌。

―― お子様下着を卒業して大人のブラとパンティを着け始めたのは中学1年生のとき。制服がセーラー服だったから、絶対スカートめくりされるだろうなって思って。どうせパンティを見られるならエロいのがよかったから、入...

【スカートめくりを待つ女】桜井あゆ――根が裸族なので締め付けられるのが嫌。
連載
下着と水着の考証学 第26回

【Tバックで「意識高い」系のオンナ】天使もえ――いつ見られても大丈夫なように、ほつれたら取り替えるようにしています

―― 初めてオトナの下着を身に着けるようになったのは、周りの友達よりもちょっと遅くて高校生の頃。当時付き合っていた彼氏と初めてそういう関係になったので、その直前に空気を察して下着も用意したんです。

【Tバックで「意識高い」系のオンナ】天使もえ――いつ見られても大丈夫なように、ほつれたら取り替えるようにしています
連載
下着と水着の考証学 第25回

[黒レースTバックで“その日”に備えるオンナ]佐倉絆――とりあえず、 ピンク着けとけば、 間違いはないでしょ。

―― ブラとパンティーをセットで初めて着けたのは、小学校6年生のとき。ちょうど、それまでしていたスポーツブラがキツくなってきて、自分でこっそりネットで探して買ったのが最初です。ホントならお母さんに「買って」...

[黒レースTバックで“その日”に備えるオンナ]佐倉絆――とりあえず、 ピンク着けとけば、 間違いはないでしょ。
連載
下着と水着の考証学 第24回

[かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音――家にいる時は Tシャツにパンツとか セットじゃなくても いいかな。

――  このたび、kawaii*からAVデビューしたのですが、デビュー作は、かわいい感じの下着が多かったぁ! もう、自分の好みのものばっかりで、「アレも欲しい! コレも欲しい!」って心のなかで騒いじゃいまし...

[かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音――家にいる時は Tシャツにパンツとか セットじゃなくても いいかな。
連載
下着と水着の考証学 第23回

[熟女女優の頂点に立ったオンナ]一条綺美香――好きな下着に包まれると「私、女性だな」って思えるんです。

――  48歳でこの世界に飛びこんで2年半、光栄なことに『スカパー!アダルト放送大賞 2014』で熟女女優賞、そしてサイゾー賞までいただけるなんて。いまでも夢のような気分。応援してくださったファンの皆さんの...

[熟女女優の頂点に立ったオンナ]一条綺美香――好きな下着に包まれると「私、女性だな」って思えるんです。
連載
下着と水着の考証学 第22回

[いつまでもゾンビメイクなオンナ]小明――ブラジャーに包まれるとラッピングされている気分になります。

――  グラビアアイドルとしてデビューし、その後いろんなキャラで芸能界を漂流した結果、なぜかこのようなゾンビ姿にたどり着きました。心は今でもグラビアアイドルなので、このページに出られると聞いて喜んでいたのに...

[いつまでもゾンビメイクなオンナ]小明――ブラジャーに包まれるとラッピングされている気分になります。
連載
下着と水着の考証学 第21回

[テニスウェアが懐かしいオンナ]小島みなみ――Fカップだけどもっと盛りたいです。

――  今日の衣装は、みなみの中学時代の部活にちなんで、テニスルックにしてみました。AVの撮影ではテニスウェアは着たことがないので、中学以来で懐かしかったです! 下着のほうは以前AVの撮影の際に監督さんから...

[テニスウェアが懐かしいオンナ]小島みなみ――Fカップだけどもっと盛りたいです。
連載
下着と水着の考証学 第20回

[上手に脱がされたいオンナ]明日花キララ──脱がすのに 手間取ると 醒めちゃいます。

――  AVの仕事をしてると、普通は着ないような変わった形の水着を着ることがあるんですよ。その中でも今までで一番インパクトがあったのは、ブラジリアン水着。胸の三角の部分とか、布がすごいちっちゃくて。

[上手に脱がされたいオンナ]明日花キララ──脱がすのに 手間取ると 醒めちゃいます。
連載
下着と水着の考証学 第19回

[野菜でダイエット中のオンナ]さとう遥希──Fカップ巨乳以外は痩せ たいんです。

―― 今年の2月に「スカパー!アダルト放送大賞2013」で、女優賞とサイゾー賞をいただきました。編集者の方が私のAVを気に入ってくれたみたいで。デビュー時はあまり人気がなかったから……うれしかったですね。お...

[野菜でダイエット中のオンナ]さとう遥希──Fカップ巨乳以外は痩せ たいんです。
連載
下着と水着の考証学 第18回

[ムチでたたいちゃう女]小向美奈子──Sに見えるけど、 ホントは ドMなんです。

―― AVの撮影の時は、中の下着よりも外の衣装のほうに気を使っちゃうんだよね。逆に仕事で下着にこだわるのは、ストリップの時。動いてもズレないようなフィット感があるものか、ズレてもかわいく見えるものを選んでる...

[ムチでたたいちゃう女]小向美奈子──Sに見えるけど、 ホントは ドMなんです。
連載
下着と水着の考証学 第17回

[東名をかっ飛ばすのが好きな女]綺美香──カーセックスは、Bまでがイイんです。

―― 去年、48歳の時に「奇跡の大型美淑女」っていうキャッチコピーでAVデビューしたんですけど(笑)、熟女っていっても新人なので、撮影はまだまだ緊張しちゃいますね。2月からはミリオンというメーカーさんへ移籍...

[東名をかっ飛ばすのが好きな女]綺美香──カーセックスは、Bまでがイイんです。
連載
下着と水着の考証学 第16回

[二次元美少女をこよなく愛する女]水樹うるは──下着をはいたまま入れられたいんです。

―― 7月にAVデビューして、12月から宇宙企画というメーカーさんに移籍したんですけど、これから新しくやってみたいのは「コスプレもの」ですね! コスプレは昔から大好きなんです。学園ものの設定で、制服やスク水...

[二次元美少女をこよなく愛する女]水樹うるは──下着をはいたまま入れられたいんです。
連載
下着と水着の考証学 第15回

[常に勝負下着な女]杉本彩──下着は、時間をかけてゆっくり脱がすべきです。

―― 水着を着ることって若い頃は多かったけど、今はリゾート地で着るくらいですね。ビキニは全身を焼きたかった20代前半までで、最近ではワンピース型のものばかり。ボディーラインがきれいに見えて、泳ぐにも支障がな...

[常に勝負下着な女]杉本彩──下着は、時間をかけてゆっくり脱がすべきです。
連載
下着と水着の考証学 第14回

["伊賀の里"出身の女]佐藤聖羅(SKE48)── 小中時代は、ジュニアオリンピックに出てました。

―― SKE48のライブの自己紹介で、以前「三重県伊賀の忍者の里からやってきました。佐藤聖羅です。せ~の、にんにん」っていうのをやってたんですよ。なので今日は、「くのいち」がテーマの水着を着ちゃいました。

[
サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」