サイゾーpremium  > 連載  > 「水着と下着の考証学」  > 【七瀬いおり】2020年デビュー ベールに包まれた女

――ナイスバディなグラビアタレントさんの下着や水着へのこだわりを拝聴し、げに理解しがたきオンナゴコロに迫りませう!!

2002_F191211cyzo1470_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 中学までは“ペチャパイ”だったんです。スポーツブラだったから、胸の大きい女の子のブラジャーに憧れてました。生理が来たのも遅くて高校2年生だったんですよ。でもそこから成長して高校でCカップくらいになって、下着にも興味を持つようになりました。かわいい下着を選んで友達と見せ合いっこするのが楽しかったですね。それまではずっと綿パンだったんですけど、学校でひもパンがはやった時があって、その時はお母さんと一緒に買いに行ったりもしました。「こんなかわいいのはくの!?」って驚いてましたね。それからは誕生日プレゼントにも下着1万円分とかをお願いしたりして、すっかり下着集めが趣味になっちゃって。いまも20着くらいは持ってると思います。

 そのあとも20歳くらいからまただんだん胸が大きくなって、今のFカップになりました。ブラジャーがきつくなって、サイズが合うものを探すのが大変なんですけど、気に入ったのがあれば1サイズ下でも買っちゃいますね。自分でおっぱいを柔らかくするために毎日マッサージしてるんですけど、それで大きくなっちゃったのかな~?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ