サイゾーpremium  > 連載  > 「水着と下着の考証学」  > 【七瀬いおり】2020年デビュー ベールに包まれた女

――ナイスバディなグラビアタレントさんの下着や水着へのこだわりを拝聴し、げに理解しがたきオンナゴコロに迫りませう!!

2002_F191211cyzo1470_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 中学までは“ペチャパイ”だったんです。スポーツブラだったから、胸の大きい女の子のブラジャーに憧れてました。生理が来たのも遅くて高校2年生だったんですよ。でもそこから成長して高校でCカップくらいになって、下着にも興味を持つようになりました。かわいい下着を選んで友達と見せ合いっこするのが楽しかったですね。それまではずっと綿パンだったんですけど、学校でひもパンがはやった時があって、その時はお母さんと一緒に買いに行ったりもしました。「こんなかわいいのはくの!?」って驚いてましたね。それからは誕生日プレゼントにも下着1万円分とかをお願いしたりして、すっかり下着集めが趣味になっちゃって。いまも20着くらいは持ってると思います。

 そのあとも20歳くらいからまただんだん胸が大きくなって、今のFカップになりました。ブラジャーがきつくなって、サイズが合うものを探すのが大変なんですけど、気に入ったのがあれば1サイズ下でも買っちゃいますね。自分でおっぱいを柔らかくするために毎日マッサージしてるんですけど、それで大きくなっちゃったのかな~?

 下着はセクシー系でレース多めなのが好きで、結構デザインにはこだわります。今回は自分の下着でしたけど、このオレンジの色で選びました。パンツもおしりが透けてかわいいんです。自分の下着で撮影したから、家でHしてるみたいな感覚になっちゃいましたね。

 私、M気質なんです。恥ずかしいのが好きで……。今年デビューしたんですけど、もともと目立ちたがりだったしAVはオナニー用に観てて身近で、興味があったんです。女優さんの名前はこの世界に入ってから知るようになって、どちらかというと企画で選んで観てました。

2002_F191211cyzo5109_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 あと初体験が野外で。17歳だったんですけど、彼氏とデートをしてて、河川敷の高架下だったんですよ。なんとなくキスしてたらお互いにムラムラしてきちゃって。下に彼氏のYシャツを敷いてしたんですけど、初めてだったからYシャツが血まみれになっちゃって。川に行って洗濯して、濡れた状態で電車に乗って帰りました。

 あとブラジャーは一瞬で上手に外せる人より、少しもたついてるくらいの人のほうがキュンとしちゃいますね。あまりに上手すぎたら、「この人はどれだけの経験者なんだろう」って、ちょっとびびっちゃいます。もちろん最後まで脱がないままっていうのもエロいですよね。昔からお願いされたら断れない性格で、頼まれたらなんでもやっちゃうんですけど……。野外プレイもそうだし、「ギャルになって」って言われたら、服もメイクもしっかりやっちゃうんです。

 でもデビュー作はとにかく恥ずかしくて緊張しました。初々しさしかないので、そこを楽しんでもらえたらうれしいです。あと撮影するようになってから下着もカラダもさらにこだわるようになりました。Tバックは最近デビューしたんですけど、ジーパンを穿いたりした時にきれいに見えるし、気持ち的にもエロい感じになりますね。今は、Tバックが似合うようにおしりを鍛えようと思ってるんですけど、私おしりとおっぱいが柔らかいので、やりすぎないほうがいいのかなとも思って……まあほどほどにしようと思います。まだ上京したばかりなので、東京で下着を探すのも楽しみです!

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(構成/小川でやんす)
(写真/三浦太輔・go relax E more)
(ヘア&メイク/藤本希・cheek one)

七瀬いおり(ななせ・いおり)
1993年11月23日生まれ、26歳。宮城県出身。透き通るような白い肌と柔らかなFカップおっぱいを持つ東北美人。2020年1月17日「新人 七瀬いおりデビュー」でAVデビュー。スリーサイズはB88W60H93。
公式HP:http://www.km-produce.com/iori_nanase
Twitter:@nanaseiori1
1月25日、26日にデビューイベント開催。詳細は公式HPでチェック! 

『新人 七瀬いおり デビュー』
発売日:2020年1月17日/レーベル:million/定価:2980円

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ