サイゾーpremium  > 連載  > 「水着と下着の考証学」  > 【星なこ】非常事態下デビューの海と水着と下着

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――ナイスバディなグラビアタレントさんの下着や水着へのこだわりを拝聴し、げに理解しがたきオンナゴコロに迫りませう!!

2009_F200721cyzo3921_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 小学生の頃、お母さんと、親戚みたいなお母さんと仲のいいおじさんと一緒に海に行ったら、青よりも赤とか黄色とか暖色系の水着が似合うよねって言われて。それ以来、下着もピンクとか暖色系を選びがちだったんで、今日の緑の下着はちょっと珍しいですね。

 そのおじさんとはよく海とか川に家族で一緒に行ってたんですけど、私が中学生くらいになると、気まずそうな顔をしてきて、だから高校生くらいからは水着姿は見せてないんです。

 高校は共学だったんですけど、元カレは他校の人だったりして、同じ学校の男子とは付き合ったことはないんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ