> 特集  > 宗教
第1特集
学者、ジャーナリストが注目する宗教団体

東大教授・島薗進の要チェック宗教団体――宗教が”公共”に関わる流れに、創価学会は協調できるか

―― 00年代以降、日本社会において宗教はかつてほどの力を持たなくなったといわれてきた。だが、いまだに不穏な動きを起こす団体は日本各地に存在している。今、日本の宗教界で注目しておくべき”ヤバい”団体はどこな...

東大教授・島薗進の要チェック宗教団体――宗教が”公共”に関わる流れに、創価学会は協調できるか
第1特集
【元ブルーハーツ×都知事候補】幸福実現対談

“エル・カンターレをナメるな!!!”元ブルーハーツ・河口純之助×都知事選候補者TOKMAが吠える!

―― 今年9月18日、日中関係が緊張する中で、自称ミュージシャンの幸福実現党党員・TOKMA氏が魚釣島に強行上陸し、各種メディアで話題を呼んだ。なぜそんな無茶を敢行したのか? そこで今回、元ブルーハーツのベ...

“エル・カンターレをナメるな!!!”元ブルーハーツ・河口純之助×都知事選候補者TOKMAが吠える!
第1特集
「仏教」「宗教」の深奥を探る

『親鸞』など、宗教を探求する作家・五木寛之が説く “病める時代”における「悪」の思想

―― 未曾有の時代を生き抜くヒントを示す新作『選ぶ力』(文春新書)を上梓したばかりの五木寛之氏。五木氏は、中世のドストエフスキーといわれる親鸞を小説として描くなど、かねてより仏教に深い関心を寄せ、今もなお、...

『親鸞』など、宗教を探求する作家・五木寛之が説く “病める時代”における「悪」の思想
第1特集
「宗教時代の終焉」という大嘘

政教分離の崩壊、ミニカルトの台頭… 日本の宗教団体の危険性と可能性

―― 12月16日に投開票された衆議院議員総選挙と東京都知事選では、公明党や幸福実現党のような、宗教団体と深い関係を持つ政党が熱心に活動を行った。そうした大きな教団の活動が目立つ一方で、ネット上や地方で隠微...

政教分離の崩壊、ミニカルトの台頭… 日本の宗教団体の危険性と可能性
第1特集
密接につながる宗教と政治【4】

フランスではスカーフを着けただけで罰金! 今、語られるべき「政教分離」の各国最新事情

――  本文でも見てきた通り、宗教と政治のつながりがタブーとなっているその前提には、近代以降の社会で確立した政教分離という思想がある。ここでは、そんな政教分離の原則について各国の最新事情を見ていこう。

フランスではスカーフを着けただけで罰金! 今、語られるべき「政教分離」の各国最新事情
第1特集
密接につながる宗教と政治【3】

政治家秘書は見た――離党したら仏壇はごみ! あの議員センセーの信仰心とは

―― あくまで”ビジネスライク”な関係で、宗教と関わりを持つという政治家たち。本当に彼らは、宗教を票田としてしか見ていないのだろうか? 政治家センセーのそばで十数年、彼らの信仰心を見てきた某政治家秘書氏が、...

政治家秘書は見た――離党したら仏壇はごみ! あの議員センセーの信仰心とは
第1特集
密接につながる宗教と政治【2】

政治献金からセミナー参加、講演会まで――安倍晋三に石原一族…2大政党と議員の宗教団体親密表

―― ――宗教団体から政治献金を受けるなど、各宗教とかかわりの深い政党はどちらか? 本誌が独自に調査し、特に熱心な議員をピックアップした。

政治献金からセミナー参加、講演会まで――安倍晋三に石原一族…2大政党と議員の宗教団体親密表
第1特集
密接につながる宗教と政治【1】

自民党は真如苑、民主党なら立正佼成会…票のためなら歓迎!? 政治と宗教のあまりに打算的な蜜月

――  日本では政治と宗教は相互に不介入であるべきものだとされてきた。だが、実際には公明党だけでなく、多くの政党が密接につながっておりそのつながりは無視できないものになってきている──。

自民党は真如苑、民主党なら立正佼成会…票のためなら歓迎!?  政治と宗教のあまりに打算的な蜜月
第1特集
【サイゾーpremium限定】日本人の知らない宗教と政治

投票前に必読! 日本人の知らない宗教と政治<入門編> ──“幻の宗教規制法案”とは?

―― いよいよ明日、12月16日に行われる衆議院議員総選挙。さらに、明日より配信される「サイゾー」1月号のカバー特集は「タブーな宗教」……と、いうことで、3年ぶりの総選挙を前に、今一度宗教と政治について考え...

投票前に必読! 日本人の知らない宗教と政治<入門編> ──“幻の宗教規制法案”とは?
サイゾープレミアム

2019年6月号