サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 日本の女子中高生が【韓国SEX教団】の餌食に!?
第1特集
日本に迫る韓国カルト宗教の脅威【1】

女子中高生がSEX教団の餌食に!? 日本を蝕む韓国カルト宗教の脅威

+お気に入りに追加

――2007年、韓国の宗教団体「摂理」の教祖・鄭明析が、女性信者に対する強姦致傷などの容疑で逮捕された。当時、“韓国のSEX教団”という文字がメディアを賑わせ、記憶に残っている読者諸氏も多いことだろう。以降、韓国カルト教団の噂はあまり聞かない……と思いきや、実は、摂理にも勝る過激な新勢力が続々日本に進出しているという──。

1301_az_kankokukaru_.jpg
『越境する日韓宗教文化』(北海道大学出版会)

 手元に、とある教会での礼拝や祈祷会への参加を呼びかける、一通の案内がある。日本語とハングルで書かれたもので、教会の場所は東京の新宿区百人町。韓流のメッカ・JR新大久保駅からほど近い所にあるマンションの一室だ。

 この界隈には複数の韓国系キリスト教会があり、信仰の厚い韓国人は、信者同士が自宅などを開放して集まりを持つこともある。案内には韓国の伝統的なキリスト教団である「大韓イエス教長老会」の名前も記されていて、一見した限りでは、この辺ではありふれた集まりへの呼びかけのようにしか見えない。

 しかし、あるキリスト教会関係者は、次のように断言する。

「その案内を配布したのは牧師を名乗る韓国人女性なのですが、彼女が長老会に所属しているなんて、まったくのウソです。それどころか、まともにキリストを信仰してすらいない。その教会の正体は、韓国系キリスト教の異端『S』という韓国のカルト教団が信者勧誘のために設けた“偽装教会”なのです」

 Sは今、韓国で最も勢いがあり、かつ最も警戒されているカルト教団のひとつだ。1980年代の設立から現在までに、8万人を超える信者を獲得している。

 その教理は、 教会の信徒数が14万4000人に達したとき、自分たちは肉体の永生(不死)を得るという、救済条件付きの終末論だ。

 これに洗脳された信者は家を出て、仕事や家庭を顧みず勧誘に没頭するようになる。そのため、教団は信者の家族と衝突を繰り返す一方、韓国マスコミから不明朗な資金の流れを指摘されたこともある。

 Sの常套手段は、一般の教会に「洗脳工作員」を潜り込ませて信者を横取りするか、あるいは教会そのものを乗っ取ってしまうというもの。前出の教会関係者によれば、「日本でも複数の教会がSの攻勢にさらされている」という。

 韓流ブームや短期ビザの緩和によって、日韓の人の往来がかつてなく活発になった今、韓国発祥のカルトもまた、勢力拡大をもくろんで続々と日本への進出を強めているのだ。

 長年霊感商法対策に取り組んできた渡辺博弁護士も、警戒感を隠さない。

「統一教会など先発組がすたれないうちに、新しいのが次々やってくる。最近では、国粋主義的発想を持った宗教性を秘匿して『D』というヨガスタジオを展開しているグループが、入会者を『運気が悪くなる』などと脅し、大金の支払いを強要する問題が起きている。一部は訴訟に発展していますが、まだまだ氷山の一角。このままでは、やられ放題になる」

 今年5月には、やはりキリスト教系の教団である「G」の動きをめぐり、関東の教会関係者たちが韓国大使館・文化院に抗議に訪れる場面があった。

 同院はこの月の始め、とあるNPOが首都圏で主催した文化イベントの後援に名を連ねていた。宗教関係者らが問題視したのは、このNPOがGの関係先であり、イベント中にも宗教行事が行われていたこと。また、埼玉県内で行われた音楽会に地元市長を招待するなどして、教団の信用を高めようとしていたことだった。

 同院はこうした指摘に対し、「後援したのは都内でのイベントだけで、埼玉の音楽会は知らない」などと釈明。宗教関係者らの求めに応じ、経緯について文書で回答している。

摂理への入り口はバレーボールサークル

 そもそも何故、Gの活動がそこまで警戒されるのか。前出の教会関係者が話す。

「Gは教団傘下に健康食品会社を持っているのですが、教祖はその商品について『がんの特効薬』だと偽り、信者らに高額で買わせていた。がんを患っていた信者の中には、教祖の話を妄信したために治療時期を逸し、死期が早まった例もある。生前に告発的な証言ビデオを残した信者もおり、教祖の責任は明らかです。

 それにもかかわらず、Gは日本でも同じことを繰り返そうとしている。なんの変哲もないサプリメントを、『アトピーに効く』として売ろうとしているのです」

 もっとも、そうした言説を信じるかどうかは、信者の自己責任である。突き放した言い方に聞こえようが、それが「信教の自由」というものだ。

 ただし、社会からの警戒をかわすべく正体を偽装し、人を騙して取り込むような手口については別。特に宗教性を秘匿した勧誘については、霊感商法で知られる統一教会の活動をめぐり、「違法」とする判決が日本でもすでに出ている。

 それでも、カルトは姿勢を改めようとはしない。

「この近くに画材屋さんがあったと思うんですけど、行き方を教えてもらえませんか?」

 現在、西日本の大学に通うAさん(女性)は高校2年生の9月、下校中に見知らぬカップルから声をかけられた。

「男性は20代半ばの社会人、女性は大学生に見えました。画材屋さんまで案内してあげたら、『バレーボールのサークルに遊びに来ない?』と誘われたんです」

 男女30人ほどが集まるサークルに加わったAさんは、間もなく「牧師」を名乗る女性を紹介され、「聖書の勉強をしてみないか」との誘いを受ける。

「受験を控えた時期でしたが、気分転換にちょうどいいかな、と思い参加しました」(Aさん)

 しかしサークルに参加し、聖書の勉強を続けるうちに、メンバーや牧師の言動から漠然とした不安を感じるようになる。そしてパソコンに向かい、そのサークルについてインターネットで検索してみると、そこに浮かび上がったのは韓国発祥のカルト「摂理」の2文字だった。

 摂理の教祖・鄭明析は、女性信者らに対する強姦致傷などの容疑で国際手配され、07年5月に逃亡先の中国で逮捕。韓国における裁判で懲役10年の実刑判決を受け、現在も服役中だ。

「イブがアダムと結ばれる前にサタンとセックスしたことで、人類は堕落の原罪を負った。後にキリストによって霊的な救いが行われたが、肉的な救いはまだである」

 統一教会の「原理講論」に範をとったとされる摂理の教理を、ごく大まかにまとめるとこうなる。鄭はその上に立ち、「我こそは肉的な救いを行う再臨メシア」だとし、教理に精神を縛られた女性たちを次々と毒牙にかけてきたのだ。

 その活動が日本にまで及び、多数の日本人女性が被害に遭ってきた実態については6年前、マスコミが大々的に報じた。その後、鄭が逮捕されたことで性的な被害は止まったが、それで問題が解決したわけではない。教団は教祖の犯罪を否定しながら、日本や韓国の若者たちを取り込み続けている。

 摂理の脱会信者で、教団の元大幹部でもある金眞豪氏が言う。

「鄭は収監中も、新たに勧誘された女性信者らの写真を教団に届けさせている。いつか彼が釈放されれば、それらの女性が餌食となるのは避けられないでしょう」

“SEX教団”が伸ばす中高生への魔の手

 摂理はもともと大学の偽装サークルを舞台に勧誘を行ってきたが、06年の報道以降、各大学が対策を強めたためキャンパス内での活動が難しくなっている。

 すると彼らは、主たるターゲットを中高生に変更。その効果の表れか、07年に1500人ほどだった日本の信者数は、今は約3000人にまで増えたとみられている。

 中高生の場合、「摂理報道」が盛り上がった6年前にはまだ小学生だったため、教団に対する拒絶感が乏しく、ネットで摂理の名を知ったぐらいでは、すぐに脱会しないケースも少なくないようだ。

「私が脱会したのは、教団が東日本大震災のことを『報い』だと言って、義援金も集めなければボランティアにも行かないことに強い違和感を覚えたから。それがなければ、どうしていたか……。何しろ摂理の人間関係に、どっぷりはまっていましたから」(Aさん)

 下記ボックス内に掲げたスケジュール表は、摂理の元信者に、現役時代の1週間分の日課をまとめてもらったものだ。就業時間と就寝時間を除き、すべて摂理の活動である。朝は7時から「お祈り会」、夜は深夜1~3時まで「礼拝」やミーティングという忙しさだ。

 膨大な日課を押し付け、信者以外の人々との接触を絶たせるやり方は、摂理に限らずカルトに共通して見られるものだ。

「信仰」を同じくする者同士の濃密な人間関係の中で時間を過ごすほどに、家庭や友人関係といった、「帰るべき所」に距離を感じてしまうのである。

「だからこそ、カルトに取り込まれる人ができるだけ少なくなるよう、社会の防波堤づくりを急ぐべきです」

 こう主張するのは、日本キリスト教異端相談所の張清益牧師。同相談所は、社団法人格を持つ韓国キリスト教異端相談所のバックアップの下、10年に開設された。

「いったんカルトに取り込まれた家族や友人を取り戻すには、周囲の人々がたいへんな労力と時間を犠牲にしなければならない。それ自体が社会の大きな損失であり、予防措置を講じることが何より大事なのです」(張牧師)

 その点、韓国の宗教界の取り組みは徹底している。教派・教団を超えて情報を共有し、特命を帯びた牧師が、カルト教団幹部の尾行や張り込みも行う。そうした「特命牧師」の活動は日本にも及んでおり、韓国カルトの関係者の顔写真を、日本の教会に配布して警戒を呼びかけているという。

 それにしても、韓国のカルトはなぜ、日本を目指すのか?

 その理由として、張牧師はまず、「日韓の文化の類似性と、カルトに対する耐性の弱さ」を挙げる(特集【2】インタビュー参照)。

 一方、韓流ブームの拡がりなどが、日本進出の敷居を低くしている面はないのか──前出の渡辺弁護士は、「今のところ、そうした傾向は見られない」としながら、次のように話す。

「むしろ、日本の風潮のほうが問題です。細木数子や江原啓之らによる一頃のメディアの影響もあって、霊的な世界、神秘的な力に頼ってものごとを解決したり、あるいはその指針を得ようとする態度が受容されやすくなってしまった。経済格差の拡大によって将来の不透明感が増せば、その度合いはいっそう深まるかもしれない。これはカルトにとって、勢力を拡大させる絶好の機会にもなり得る」

 一般の教会の警戒網を縫って勢力を拡張し、あるいは数ある“ライバル”たちと信者の奪い合いを繰り広げてきた韓国のカルトは、こうした日本の風潮を目ざとく見抜いている。

 メディアや法曹界、宗教界がいっそう警戒を強めなければ、日本はこのまま、韓国カルトの“草刈り場”と化してしまうかもしれない。

(文/李策)

■日本の平和を脅かす!?
新鋭韓国カルト団体

【1】『摂理』
教祖・鄭明析は、女性信者らに対する強姦致傷などの容疑で国際手配され、07年5月に逃亡先の中国で逮捕。韓国における裁判で懲役10年の実刑判決を受け、現在も服役中。宗教性を秘匿したサークルなどを通じて中高生や大学生を偽装勧誘している。

【2】『S』
キリスト教を偽装しながら、韓国人の教祖を「再臨メシア」と信じる独自の教理を展開。教会の信徒数が14万4000人に達したとき、自分たちは肉体の永生(不死)を得るという終末論で洗脳された信者たちは、家庭も顧みず勧誘に没頭している。

【3】『G』
韓国のキリスト教会で「異端」とされる組織。世界80カ国に宣教師を派遣しており、日本でも、若者を集めたイベントを開催している。韓国で、教団傘下の企業が製造した健康食品を「がんの特効薬」だとして高額で販売。これを信じたがん患者が、治療機会を逸して死期を早めている。

【4】『D』
韓国の国粋主義的発想を持った宗教団体。宗教性を秘匿し、日本全国に100以上のヨガスタジオを展開。入会者は「言うことを聞かないと運気が悪くなる」などと追い込まれ、新たなヨガスタジオを開設する費用として大金の支払いを強要される。

平均睡眠時間は4時間!
元「摂理」信者のとある一週間

1301_setsuri.jpg

「こうした通常のスケジュールに加え、『条件』といって、毎日し続けなければいけないものがありました。それが、主に電話をして祈るというもの。相手は広報部、社会人リーダー、教会社会人、誰か導きたい新入生を連れてきている人など、最大で7人くらい。また、22日周期で徹夜で祈る日もあります。まぁ、みんなほとんど寝てましたが」(元信者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ