サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 【池田大作】の後継者はどうなった?
第1特集
創価学会とタカラジェンヌの蜜月【2】

池田大作死後の後継者問題と危惧される創価学会の影響力

+お気に入りに追加

――長らくその姿を公の場に見せていない池田大作創価学会名誉会長。中には「すでに死んでいるのでは?」という説すら飛び交うが……そのXデー後を予想してもらった。

1301_az_daisaku_.jpg
『池田大作名言100選』(中央公論新社)

 さて、創価学会における芸術部の流れを追ってきたが、同会にとって現在最もホットなトピックといえば、なんといっても池田大作氏の体調問題である。ここ2~3年は公の場に一切姿を見せず、2011年には一部週刊誌で「脳梗塞で植物状態」という記事が出たほどだ。13年1月で85歳を迎えるという高齢を考えると、そろそろ“Xデー”も近いのでは……という臆測も飛び交っている。

 そこで気になるのが、次期会長をめぐる“跡目争い”だろう。前出の古谷氏によると、「猜疑心の塊である池田氏は、部下に対してもまったく信頼を置かず、幹部クラスの会員を一般会員の前で激しく叱り飛ばすことも日常茶飯事だった」とか。そんな同氏の性格ゆえ、次期後継者となる明確なナンバー2が創価学会には存在しない。一時期は、次期会長候補と目された人物もいたというが、過去、彼らに裏切られたことが、より池田氏を頑にするきっかけになったのでは? と元創価学会幹部は話す。

「実は、現在候補に挙がっている人たちの先輩に当たるA氏という会員がいるのですが……彼こそ、『次の会長だろう』といわれていた元副会長です。しかし、『各都道府県の集会所に自動販売機を置いてほしい』と伊藤園の知り合いに頼まれ、承諾する代わりに、自らの懐に数千万円もの大金を収めてしまった。その件が池田氏の耳に入り、左遷されてしまった」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs
    • 日本で【SDGs一大ブーム】の理由
    • SDGsの【17項目】のおさらい
    • SDGsを推し進めるのは【戦コン】?
    • 【ユニクロ】ファッションと人権問題
    • 【米中関係】から見るウイグル問題
    • 世界のサステナブル【大麻ビジネス】
    • 大麻政策のための【2030アジェンダ】
    • 【古坂大魔王】SDGs推進の内幕
    • 【SDGsソング】寸評会
    • SDGs曲【Lige goes on】制作秘話
    • 【SF思考】が世界で注目を集める理由
    • 【ジブリ】を見れば、17目標がわかる!?
    • スタジオジブリ作品の【持続可能性】
    • 【高畑勲・宮崎駿】と若手監督との違い
    • 【マーベル】の新ヒーロー像
    • 貧困に肉薄する【ドキュメンタリー】
    • 【グレタさん叩き】と日本の社会意識
    • アジェンダ21と【陰謀論】
    • SDGs関連の【国連】陰謀論

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】篠崎こころ
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報