サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 【カルトバスター】が韓国カルト殲滅を宣言!
第1特集
日本に迫る韓国カルト宗教の脅威【2】

"韓国カルトバスター"が警鐘を鳴らす!「韓国カルトからは私が日本を守ります」

+お気に入りに追加

――東京・足立区にある「とねりキリスト教会」の張清益牧師。特集【1】で触れてきたような、韓国カルト宗教団体から日本を守るべく、「日本キリスト教異端相談所」を設けて活動する“カルトバスター”が、その危険性を語った。

1301_kankoku_zasshi.jpg
韓国で発行されている雑誌「Religion and Truth」。写真は、その中で紹介された「S」による暴力支配の実態。

 日本キリスト教異端相談所は、韓国発祥のカルト、特にキリスト教の異端団体による被害が日本で拡がるのを、最小限に食い止めるために開設されたものです。

 韓国発祥のカルトが日本を目指す理由は、第一に、文化や情緒が似通っていることにあります。

 例えば統一教会は、日本において「あなたの先祖は今、霊界で苦しんでいます。先祖が救われるかどうかもあなた次第です」などと言って勧誘を行ってきましたが、これは欧米ではなかなか通じない。

 欧米の人々は「死んだら天国へ行けるか、地獄へ落ちるか」を考える一方で、自分が生まれる前のことはあまり気にしませんから、「ご先祖様」のことを言われてもピンとこないのです。

 また、日本が経済的に豊かな国であることも関係しています。人は食べ物に困らなくなると、人生に“やりがい”を求めるものだからです。ボランティア活動などに関心を持ち始めた人に、カルトは「平和への貢献」などといった言葉を囁きます。そして、自分たちの教義へと誘い込んでいくのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』