サイゾーpremium  > インタビュー  > 【m-flo】再始動した本当の理由

――1999年、彗星のごとく現れたプロデューサーの☆Taku Takahashi、ラッパーのVERBAL、そしてボーカルのLISA。国内のポップミュージック・シーンでは、色物扱いされていたクラブミュージックをお茶の間にまで浸透させた功績は言わずもがな。しかし、突然のLISAの脱退、グループの活動休止――。このメンバーで15年ぶりに再始動するに至った背景には、どのような物語があったのか? 本誌にだけに語ってくれた脱退および活動休止の真実と、音楽業界、ひいてはエンタメ界への苦言を克明に記す。

1804_002_5468_03_520.jpg
(写真/片桐史郎・TROLLEY)

「私、やめたい」 m-flo活動休止の真相

 小学校からの同級生であったVERBALと☆Taku Takahashi(以下、☆Taku)によって結成され、さらにLISAを加えて、1999年にEP『the tripod e.p.』にてメジャーデビューを果たしたm-flo。共にバイリンガルであるVERBALのラップとLISAの歌、さらに最先端のダンスミュージックの要素をふんだんに盛り込んだ☆Takuのトラックが融合することによって生まれる独自のサウンドは、当時の日本の音楽シーンに新たな価値観を提示した。01年にリリースされたシングル「come again」によって彼らの人気は絶対的なものとなり、同年リリースのセカンドアルバム『EXPO EXPO』は累計セールス80万枚の大ヒットを記録。しかし、そんな絶頂期の02年に、LISAが突如グループを脱退する。

LISA「あの時の私たちはあまりにも忙しくて、3人で顔を合わせても何も会話ができないくらいに疲れていて、グループを脱退する直前くらいは、もうクレイジーになってた。でも、誰かに『助けて!』と言えるエネルギーすらもなくて。今でも忘れないけど、会社が用意したバンに乗って移動しているとき☆Takuに『ダメだ私。もう、やめたい』って伝えて、てっきり止めてくれるかなって思ってたけど、『うん、いいよ』ってソフトに言われた。じゃあ、もうやめるしかないかなって」

☆Taku「LISAは一度決めたことは変えない人だから。もうどうしようもできないなと思って引き止めなかった。あと、LISAを弁護するつもりじゃないけど、僕も正直、m-floから解放されたいっていう気持ちがありました」

 VERBALと☆Takuの2人になったm-floは、さまざまなアーティストとコラボレーションを図る“Loves”シリーズの成功によって、LISA脱退の穴を補填する。その一方で、個々での活動も活発化していったが、それはあまりにもビジネス的に成功し巨大化したm-floの呪縛から自らを解き放つためのものでもあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』