> 新保信長の検索結果

新保信長 の検索結果

連載
脱力ニュース・ジャパンNo.98

【最終回】[今月の教訓]猫可愛がりにも限度がある。

――  なんでこんなに可愛いのかよ~、と歌われるほど可愛いのが孫というもの。最近は『孫の力』なんて雑誌まであって、これが結構売れてるらしい。最新号を見ると、「賢い孫投資入門」「孫にお金を遺したい!」といった...

【最終回】[今月の教訓]猫可愛がりにも限度がある。
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.97

[今月の教訓]勤勉は成功の母(ただし合法で)

――  最近一番の脱力ニュースといえば、そりゃもう猪瀬都知事の借用書だ。紙っぺらに金額と住所と名前を書いただけで、捺印もなければ印紙もない。アレで世間をだませると思ったのなら頭悪すぎ。つか、あんなのをドヤ顔...

[今月の教訓]勤勉は成功の母(ただし合法で)
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.96

[今月の教訓]職業的知識と能力は正しく使おう

――  車両火災やレール異常など、トラブル続きで管理体制の不備が問われているJR北海道。09年には列車用マスターキーが社外に流出し、それをネットオークションで手に入れた鉄オタが特急列車の備品室に侵入するとい...

[今月の教訓]職業的知識と能力は正しく使おう
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.95

[今月の教訓]シャッターチャンスに気をつけろ

――  ヤクルトのバレンティンが本塁打の日本記録を49年ぶりに塗り替えた。従来の記録は王貞治の55本。これまで外国人選手の記録更新を対戦相手チームの監督として四球攻めで阻んできた王(「指示はしていない」と言...

[今月の教訓]シャッターチャンスに気をつけろ
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.94

[今月の教訓]自分のキャラを見極めよう!

――  たとえば職場で女子社員の背中をポンポンと叩いたとして、それがイケメンなら親愛の表現ってことで済むが、オッサン上司がやればセクハラ認定間違いなし。同じことをやっても、その人の属性やキャラによって相手の...

[今月の教訓]自分のキャラを見極めよう!
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.93

自分のことは自分でやろう

―― いやはや参院選はひどかった。投票率もひどいし、予想されていたとはいえ結果もひどい。つか、「売れてるから」「乗り遅れたくない」という理由でベストセラーを買うような人が多い昨今、選挙前の情勢報道が投票行動...

自分のことは自分でやろう
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.92

需要あるところに供給あり

―― 「週刊現代」と「週刊ポスト」が「死ぬまでセックス」特集でしのぎを削っている。なんだかなーと思うのだが、実際売れてるらしいと聞いて、二重にげんなりする今日この頃。が、そんなことで脱力してる場合じゃなかっ...

需要あるところに供給あり
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.91

ぐずぐずせずに食ったもん勝ち

――  矢口真里が自宅に男を連れ込んだとかいう話題で盛り上がっていた芸能ニュース。まあ、不倫や二股なんてよくある話だし、鉢合わせしたダンナのほうは気の毒だが、刃傷沙汰にならなかったのは幸いだった。

ぐずぐずせずに食ったもん勝ち
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.89

現実はコントより奇なり。

―― 食べっぷりが豪快な人、いわゆる健啖家というのは見ていて気持ちがいい。大食い番組が人気を得たのもそれゆえだろうし、逆に出された料理にほとんど手をつけないような人は(健康上の理由がある場合は別にして)あま...

現実はコントより奇なり。
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.88

体罰はダメ? ゼッタイ?

―― 体罰はダメ、ゼッタイ! という昨今の空気。基本的には同意であるが、これはちょっと先生が気の毒だなあ、と思ったのが【記事A】だ。 小田原市の中学校で「50代の男性教諭が生徒から『死ね』『ハゲ』などと暴言...

体罰はダメ? ゼッタイ?
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.87

"若気の至り"は若いうちに

―― 警察庁の資料によれば、平成13年には1167グループ、2万2703人いた暴走族が、平成23年には405グループ、7193人となっている。10年で約3分の1に減ったわけだ。あくまでも警察が把握している数...

連載
脱力ニュース・ジャパンNo.86

その痛みは分かち合いたくない

―― 橋下徹大阪市長が職員の入れ墨で大騒ぎしたのは記憶に新しい。一口に入れ墨と言ってもいろいろあるわけで、ワンポイントのタトゥーぐらいなら別にいいじゃんと思うのだが、個人的には一切入れるつもりはない。だって...

その痛みは分かち合いたくない
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.85

【今月の教訓】ラクして儲かる道はない

―― 年末ジャンボの発売日、今年も有楽町の売り場には長蛇の列ができていた。今年の1等は4億円。もし当たったら、宝くじの当せん金には税金がかからないので、丸ごと自分のものとなる。一方、競馬の払戻金は一定額を超...

【今月の教訓】ラクして儲かる道はない
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.84

【今月の教訓】オレ流“こだわり”はほどほどに

―― 近年では「こだわりの逸品」みたいな言い方も珍しくなくなったが、「こだわる」とは元来、「ちょっとしたことを必要以上に気にする」「拘泥する」といった否定的ニュアンスの言葉である。とはいえ、言葉は時代ととも...

【今月の教訓】オレ流“こだわり”はほどほどに
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.83

【今月の教訓】本当に好きなものにはカネを使え!

―― 仕事柄、蔵書は増える一方である。さすがに収拾がつかなくなってきたので少し整理しようと、断腸の思いで600冊ほどを処分した。が、それくらいでは全然減った感じがしない。何しろ余裕で1万冊以上はあるもんで、...

【今月の教訓】本当に好きなものにはカネを使え!
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.82

【今月の教訓】このお役所仕事がすごい!

―― 消費税増税法案がとうとう可決され、2014年4月に8%、15年10月には10%に上がるという。10%といえば、一般的な書籍の著者印税がそれくらい。つまり、本が1冊売れたとして、手間ヒマかけて執筆した著...

【今月の教訓】このお役所仕事がすごい!
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.81

【今月の教訓】「中二病」にご用心!

―― いわゆる「中二病」にもいろいろあるが、個人的には異世界系より現実世界で妙な設定に走っちゃってる系が好きだ。ネットでその手のエピソードを集めたページで読んだ「制服にわざと油絵の具で派手に汚れをつけ『なり...

【今月の教訓】「中二病」にご用心!
サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」