サイゾーpremium  > 連載  > 脱力ニュース・ジャパン  > 【連載】 「脱力ニュース・ジャパン」No.88
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.88

体罰はダメ? ゼッタイ?

+お気に入りに追加

事件の向こうに世相が見える──「何がどうしてそうなった」世にあふれる珍事件・怪騒動・不思議ニュースに光を!

1304_datsuryoku_01.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 体罰はダメ、ゼッタイ! という昨今の空気。基本的には同意であるが、これはちょっと先生が気の毒だなあ、と思ったのが【記事A】だ。

 小田原市の中学校で「50代の男性教諭が生徒から『死ね』『ハゲ』などと暴言を吐かれたことをきっかけに2年生の男子生徒16人を平手打ちする体罰があった」という。そこだけ読むと“気の短い暴力教師”のイメージだ。中2男子なんて口が悪いのは当たり前。いちいちキレてたら教師は務まらない。もしかして「ハゲ」って言葉に過敏な頭髪状態だったのか……と邪推させられるし、見出しもわざとそんなニュアンスを含ませているように見える。

 しかし、細かい状況を見ると、どうも様子が違うのだ。「数学の授業に男子生徒らが遅れてきたため、教諭は『早く入れ』と促したが、複数の男子生徒が『うるせえ』『ばか』などと言い、笑い声も起きた」って、この時点で明らかに生徒のほうに非があるだろう。これで何の叱責もなかったら、そっちのほうが問題だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』