サイゾーpremium  > 連載  > 脱力ニュース・ジャパン  > 【連載】 「脱力ニュース・ジャパン」No.86
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.86

その痛みは分かち合いたくない

+お気に入りに追加

事件の向こうに世相が見える──「何がどうしてそうなった」世にあふれる珍事件・怪騒動・不思議ニュースに光を!

1302_datsuryoku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 橋下徹大阪市長が職員の入れ墨で大騒ぎしたのは記憶に新しい。一口に入れ墨と言ってもいろいろあるわけで、ワンポイントのタトゥーぐらいなら別にいいじゃんと思うのだが、個人的には一切入れるつもりはない。だって、痛いのイヤだもん。

 だからこそ逆に根性見せる意味で入れたりすることもあるのだろうが、【記事A】の被害者みたいなケースは気の毒すぎだ。京都の市立中学2年の女子生徒(14)が、同級生の男子生徒(14)の脚に入れ墨を入れたとして、傷害容疑で逮捕された。女子生徒は男子生徒宅で「左脚付け根に安全ピンを数十回突き刺して傷口に墨汁を擦り込み、正方形の入れ墨(約1センチ四方)を入れた疑い」って、聞いてるだけで痛そうだ。しかも入れられたのがただの正方形じゃ、全然カッコよくもないしなあ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那