サイゾーpremium  > 連載  > 脱力ニュース・ジャパン  > 【新保信長】自分のキャラを見極めよう!
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.94

[今月の教訓]自分のキャラを見極めよう!

+お気に入りに追加

事件の向こうに世相が見える──「何がどうしてそうなった」世にあふれる珍事件・怪騒動・不思議ニュースに光を!

1310_NS2_12.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 たとえば職場で女子社員の背中をポンポンと叩いたとして、それがイケメンなら親愛の表現ってことで済むが、オッサン上司がやればセクハラ認定間違いなし。同じことをやっても、その人の属性やキャラによって相手の反応は全然違ってくるものだ。

 その点、【記事A】の無職男(64)は、ちょっとすごい。居酒屋で飲食代を支払わなかったとして詐欺容疑で逮捕されたが、なんと逮捕されるまでの2カ月間、無銭飲食で食いつないでいたというのである。

 いわゆる食い逃げなら、どんだけ逃げ足速いのかって話だが、この男の場合はそうじゃない。男は「居酒屋を訪れるたび、食事後に店員に声をかけられるまで何時間も居座って『金を持っていない』と告白。『代金はいいからもう来たらあかんで』などという店側の好意に甘え、犯行を繰り返していた」んだとか。言われたとおり、「同じ店を訪れることは二度となかった」らしいけど、それにしたって2カ月間、数十回も繰り返して通報されなかったってのは一種の人徳というか。何かこう、許してあげたくなるオーラのようなものがにじみ出ていたとしか思えない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド