サイゾーpremium  > 連載  > 【新保信長】猫可愛がりにも限度がある。
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.98

【最終回】[今月の教訓]猫可愛がりにも限度がある。

+お気に入りに追加

事件の向こうに世相が見える──「何がどうしてそうなった」世にあふれる珍事件・怪騒動・不思議ニュースに光を!

1402_NN2_11.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 なんでこんなに可愛いのかよ~、と歌われるほど可愛いのが孫というもの。最近は『孫の力』なんて雑誌まであって、これが結構売れてるらしい。最新号を見ると、「賢い孫投資入門」「孫にお金を遺したい!」といったコラムもあり、孫のためなら出費を惜しまぬジジババは多そうだ。

 しかし、可愛い孫も二十歳を過ぎるとビミョーになってきたりする。22歳の無職の男が住居侵入容疑で逮捕されたという【記事A】。男が侵入したのは、77歳になる祖父の家。可愛い孫が訪ねてくれば普通は喜ばれるところだが、「孫はこれまで何度も祖父母に金を無心し、困り果てた祖父が同署(島根県警津和野署)に届けた」というからよっぽどだ。

 祖父は「この1年半で計約300万円を渡した」と話しているとか。オレオレ詐欺なら防ぎようもあるが、本物の孫だけにタチが悪い。当の孫は「小遣いをせびりに来た」と恥ずかしげもなく語っていて、祖父としては「なんでこんなに阿呆なのかよ~」と歌いたい気持ちだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号