> 小説の検索結果

小説 の検索結果

第1特集
文芸編集者が狙う芸人作家

文芸界が次に狙うのは、サカナクションに杏、そしてR-指定! ネクスト又吉先生を探せ!!「あいつに小説書かせたい」座談会

―― 芥川賞を受賞した又吉直樹などに象徴されるように、このところの文芸界では“二足のわらじ作家”の存在が目立つ。一説によると『火花』ヒット以降、文芸系出版社の編集者たちは、「ネクスト又吉」探しに躍起になって...

文芸界が次に狙うのは、サカナクションに杏、そしてR-指定! ネクスト又吉先生を探せ!!「あいつに小説書かせたい」座談会
第1特集
EXILEがハルキストをこじらせたなら

EXILE/三代目J Soul Brothersの小林直己が激白――言語遊戯(リテラチュア)から肉体言語(ダンス)へ…EXILEと村上春樹の共鳴

―― 日本を代表する大作家・村上春樹。新刊が出るたびに、本屋にハルキストが集結しマスメディアを巻き込んで一種の“祭り”状態にもなる彼だが、最近では揶揄や批判も多い。そこで、今ここであえて純粋に村上春樹の文学...

EXILE/三代目J Soul Brothersの小林直己が激白――言語遊戯(リテラチュア)から肉体言語(ダンス)へ…EXILEと村上春樹の共鳴
第1特集
ハリウッド版原作レイプの真相【1】

映画会社と出版社はグルだった!?ヒットしても作家に利益なし!?ハリウッド「原作改変」の横行理由

―― ハリウッドでベストセラー小説が映画化されても、原作と中身が違うということはよくあり、その結果「原作者が映画の出来に激怒」というトラブルも耳にする。なぜ、このような事態は起きてしまうのか? ここでは映画...

映画会社と出版社はグルだった!?ヒットしても作家に利益なし!?ハリウッド「原作改変」の横行理由
第1特集
ハリウッド版原作レイプの真相【2】

正反対の結末に泣いた原作者から、成り上がり根性でモメた原作者まで……ハリウッド原作レイプ6選

―― こちらの記事では、ハリウッドで“原作レイプ”がまかり通る理由を説明したが、こちらの記事では具体例を挙げていこう。

正反対の結末に泣いた原作者から、成り上がり根性でモメた原作者まで……ハリウッド原作レイプ6選
第1特集
ハリウッド版原作レイプの真相【3】

映画会社が舌なめずり!?次なる『ハリー・ポッター』を探せ!!映画化間近な未翻訳小説6選

―― まだ、日本では未発売だが今後、映画化されそうな海外文学を「未翻訳ブックレビュー」運営者の@kaseinoji氏に選んでもらった。

映画会社が舌なめずり!?次なる『ハリー・ポッター』を探せ!!映画化間近な未翻訳小説6選
第1特集
ヤバすぎる芸能界小説

加藤ミリヤがファックミー!と叫び、羽田圭介がファンとセックス暴露!? 作家は芸能界をどこまで描くのか?

―― 世間が芸能ゴシップで賑わっている昨今。「読者の興味があれば、そこに小説のテーマあり」と言わんばかりにネタにされてきた芸能界。小説家が取材して描くものもあれば、タレントが自ら描くものもある。タレントによ...

加藤ミリヤがファックミー!と叫び、羽田圭介がファンとセックス暴露!? 作家は芸能界をどこまで描くのか?
第1特集
ウェブ小説のもたらす影響【3】

メフィスト賞からフリーゲームへ――「ノベライズ」という小説家の新たな稼ぎ方

―― こちらの記事ではウェブ小説という、小説そのものがウェブに存在しているジャンルについて解説してきた。一方で現在ウェブには、小説以外のエンタメコンテンツがあふれかえっている。動画や音楽、ゲームといったジャ...

メフィスト賞からフリーゲームへ――「ノベライズ」という小説家の新たな稼ぎ方
第1特集
ウェブ小説のもたらす影響【2】

小説家になりたい人の近道に…? ベストセラーをザクザク発掘! この投稿サイトがスゴい!

―― こちらの記事で言及された、ウェブ小説投稿サイト。ここから、新たなベストセラー小説が生まれるかも……!?

小説家になりたい人の近道に…? ベストセラーをザクザク発掘! この投稿サイトがスゴい!
第1特集
ウェブ小説のもたらす影響【1】

累計650万部のヒットも出る、希望の道筋か 「小説家になろう」CGMサービスが死に体の文芸業界を転覆させる

―― 「小説が売れない」と散々言われて久しい中にありながら、「小説家になろう」なる小説投稿サイトが人気を博している。投稿者数もPVも右肩上がり、商業出版、 アニメ化される作品が続出。“なろう系”というジャン...

累計650万部のヒットも出る、希望の道筋か 「小説家になろう」CGMサービスが死に体の文芸業界を転覆させる
第1特集
小説でも天皇を描いたら危険!?【2】

歪んだ歴史小説の礎となり――。 自費出版物から盗作も? 司馬史観、もうひとつの功罪

―― ――本文中には多くの歴史小説家が登場したが、その中で、緻密な取材で大胆な人物像を描く、文豪・司馬遼太郎。一方で、司馬史観などに対する批判もある彼の真の功罪とは?

歪んだ歴史小説の礎となり――。 自費出版物から盗作も? 司馬史観、もうひとつの功罪
第1特集
小説でも天皇を描いたら危険!?【1】

フィクションはやはり不敬!? 司馬遼太郎も描けない天皇の肖像

―― ――近代歴史を扱った小説において、天皇そのものを取り扱ったものは、右翼から襲撃を受けるなど、根強いタブーとなっている。幕末から明治維新を取り扱った歴史小説の中で、断片的に天皇がどう取り扱われているか、...

フィクションはやはり不敬!? 司馬遼太郎も描けない天皇の肖像
第1特集
科学の発展とSFの底力

【作家・瀬名秀明】が語る科学と社会の関係を映すSF――STAP細胞ができたとして、人間の倫理はどうなるか?

―― ――ロボット、コンピュータ、生命科学、現実がすぐにフィクションに追いついて追い越していくような社会状況の中で、SF小説は何ができるのか?自身ももともと理系の研究者であるSF小説家の瀬名秀明氏に、その可...

【作家・瀬名秀明】が語る科学と社会の関係を映すSF――STAP細胞ができたとして、人間の倫理はどうなるか?
第1特集
新興宗教の原点はSF!? "宗教とSF"の関係を紐解く

「と学会」会長・山本弘に聞く! 新興宗教にアイディアをパクられるSF小説の悲哀

―― 今年3月、新興宗教団体「サイエントロジー」にインスパイアされた映画『ザ・マスター』の日本公開が話題となっている。信奉者にトム・クルーズなどがいるサイエントロジーは、日本でも知られているが、同教団の設立...

「と学会」会長・山本弘に聞く! 新興宗教にアイディアをパクられるSF小説の悲哀
第1特集
村上春樹3年ぶりの新刊の中身

ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の"中身"

―― 2月16日、あの村上春樹氏の新刊が発売されることが、文藝春秋より発表された。小説なのか? 初版はいきなり数十万部なのか? ノーベル賞級大作家の新刊とあって、色めき立つ出版業界に書店業界。

ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の
第1特集
経済小説が暴くタブー【2】

【プレミア限定ロングver.】山崎豊子、高杉良まで……5分でわかる!日本の「企業小説」史入門編

―― 本鼎談をより楽しんでもらうために、企業小説というジャンルが花開いた高度経済成長期以降の歴史を、各年代の代表的作家と作品を中心にざっくりまとめた。これから手に取ろうとする人の案内となれば幸いだ。

【プレミア限定ロングver.】山崎豊子、高杉良まで……5分でわかる!日本の「企業小説」史入門編
第1特集
経済小説が暴くタブー【1】

【鼎談】佐高 信×大塚将司×大下英治 日経新聞から電通まで!経済小説が暴いた企業タブー

―― ノンフィクションや報道では暴けなかった企業社会のタブーを描いた優秀な経済小説は、古今東西数多く存在している。労組の腐敗、金融合併の内幕、世界を股にかける商社マンの逸脱と堕落、広告代理店の傲慢……。ドキ...

【鼎談】佐高 信×大塚将司×大下英治 日経新聞から電通まで!経済小説が暴いた企業タブー
第2特集
格付け会社の功罪【4】

経済学者・堺憲一が読み解く、"経済小説の中の"格付け会社の実態とは?

―― 【1】『その「格付け」に異議あり』著/江波戸哲夫 発行/徳間書店 発行年月/98...

経済学者・堺憲一が読み解く、
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評最終回──【NOVEL編】

西尾維新にしては安易な展開だった? 悪役を矮小化させてしまった『恋物語』

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望……そんな良質な...

西尾維新にしては安易な展開だった? 悪役を矮小化させてしまった『恋物語』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第16回──【NOVEL編】

人気の秘密は"速さ"と"癒し"の手っ取り早さ 直木賞受賞の『下町ロケット』がニッポンを元気に!!

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望......そん...

人気の秘密は
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第10回──【NOVEL編】

芥川賞ダブル受賞作から問い直す メディアと表現の関係を無視する変わらぬ保守"純文学"

―― 新人小説家に与えられる文学賞の最高峰である芥川賞。今年上期の第144回では、まっ...

芥川賞ダブル受賞作から問い直す メディアと表現の関係を無視する変わらぬ保守
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第10回──【NOVEL編】

繊細で高級だけど、退屈で冗慢な芥川賞受賞作『きことわ』

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望......そん...

繊細で高級だけど、退屈で冗慢な芥川賞受賞作『きことわ』
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第6回──NOVEL編

伊坂幸太郎の『マリアビートル』は相変わらずの予定調和に過ぎないのか!?

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望……そんな良質な...

伊坂幸太郎の『マリアビートル』は相変わらずの予定調和に過ぎないのか!?
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第4回──NOVEL編

『悪貨』『「悪」と戦う』『悪の教典』『悪人』...... 急増した<悪>小説群が示す"加害者の自意識過剰"

―― ──『1Q84』を除けば今年頭から大ヒットの出ていない文学界で今、地味に話題にな...

『悪貨』『「悪」と戦う』『悪の教典』『悪人』...... 急増した<悪>小説群が示す
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第3回──NOVEL編

『ペンギン・ハイウェイ』で展開される森見登美彦の新しい強さ

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望......そん...

『ペンギン・ハイウェイ』で展開される森見登美彦の新しい強さ
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第2回──NOVEL編

『1Q84』をめぐる考察は続く──なぜ"1984"であったのか?

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望......そん...

『1Q84』をめぐる考察は続く──なぜ
第3特集
大人のためのヒップホップ講座【5】

佐々木敦が語る"ラッパー小説"における私性の行方と言語表現

―― ──ラッパーが綴った小説たち。そこには、ラップとはまた異なる言語表現があるのだろ...

佐々木敦が語る
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第1回──NOVEL編

「牛河」の出現と「リトル・ピープル」の存在に垣間みれた村上春樹の"倫理"

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?本誌連載陣でもある批評家・...

「牛河」の出現と「リトル・ピープル」の存在に垣間みれた村上春樹の
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第12回

「すべてに片をつけるため、死なない程度に殴られろ!」

―― 〈前回までのあらすじ〉 英語とコメディを学びに、単身ニューヨークへ渡った芸人・中...

「すべてに片をつけるため、死なない程度に殴られろ!」
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第11回

ケツ拭いの多い人生を送ってきました......

―― 〈前回までのあらすじ〉 芸人・中牟田のニューヨーク武者修行も終盤が近付いてきた...

ケツ拭いの多い人生を送ってきました......
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第10回

下ネタは身を助く〜拳銃に比べりゃ、どってことないね〜

―― 〈前回までのあらすじ〉 コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た芸...

下ネタは身を助く〜拳銃に比べりゃ、どってことないね〜
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第9回

アメリカ人とうまく付き合う、たったひとつの冴えたやり方 〜あるいは、いかにして力士は身を清めるか〜

―― 〈前回までのあらすじ〉 コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た芸...

アメリカ人とうまく付き合う、たったひとつの冴えたやり方 〜あるいは、いかにして力士は身を清めるか〜
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第8回

寒くても、オーディションのためならエンヤコラ〜えー!? 10時間待ってそのネタ!?〜

―― 〈前回までのあらすじ〉 コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た芸...

寒くても、オーディションのためならエンヤコラ〜えー!? 10時間待ってそのネタ!?〜
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第7回

スキャンダル報道? 関係ないよ、ここはニューヨークさ、ベイビー

―― 〈前回までのあらすじ〉 コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た芸...

スキャンダル報道? 関係ないよ、ここはニューヨークさ、ベイビー
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第6回

コメディ界のマルコムX的現場で熟睡する 中牟田の明日はどっちだ!?

―― <前回までのあらすじ>コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た芸人...

コメディ界のマルコムX的現場で熟睡する 中牟田の明日はどっちだ!?
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第5回

コメディ・クラブで完全勝利〜ジャッキー・チェンは海を越え〜

―― 〈前回までのあらすじ〉  コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た...

コメディ・クラブで完全勝利〜ジャッキー・チェンは海を越え〜
ニュース
「自伝なんて書けない!」

アンジャッシュ・渡部建 "らしすぎる"ミステリー小説で文学界に殴り込み!

―― 「映画化狙っちゃおうかな~」って表情!?(撮影/有高唯之)  バラエティ番組で見...

アンジャッシュ・渡部建
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第4回

いざ、次なるミッションへ――「先生、俺もコメディがしたいです」

―― 〈前回までのあらすじ〉  コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た...

いざ、次なるミッションへ――「先生、俺もコメディがしたいです」
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第3回

スキャンダルは海を超え〜期待と侮蔑のはざまで〜

―― 〈前回までのあらすじ〉 コメディと英語を学ぶため、単身ニューヨークへ修行に来た芸...

スキャンダルは海を超え〜期待と侮蔑のはざまで〜
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第2回

中牟田はNY的処世術を学んだ!レベルが1上がった!

―― <前回までのあらすじ>  本場のコメディと英語を学ぶため、日本に妻子を残し、ニュ...

中牟田はNY的処世術を学んだ!レベルが1上がった!
連載
ある芸人の赤裸裸笑(小)説「ニューヨーク戦記」第1回

芸人・中牟田の問題だらけのアメリカ留学の巻

――  彼はニューヨークに留学することを、22歳でお笑いを始めた頃から決めていた。理由...

芸人・中牟田の問題だらけのアメリカ留学の巻
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

連載