サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > アンジャッシュ・渡部建 "らしすぎる...
ニュース
「自伝なんて書けない!」

アンジャッシュ・渡部建 "らしすぎる"ミステリー小説で文学界に殴り込み!

+お気に入りに追加
0910_watabe_re.jpg
「映画化狙っちゃおうかな~」って表情!?(撮影/有高唯之)

 バラエティ番組で見せる顔とは違う、やや硬い表情で現れたアンジャッシュ・渡部建さん。「さあ、小説のことを語るぞ」という気持ちがびんびん伝わってくるような真面目な面持ちだ。7月に出版された処女小説『エスケープ!』(幻冬舎)への反応について聞くと、「こんなにもインターネットでの評価を気にしたのは、アンジャッシュのデビュー当時以来」と笑う。

一連の芸人小説ブームに乗っかる形で出版されたように見える本作だが、芸人小説によくある半自伝的なものとはかなり違っている。

「周囲に勧められて書くことになったけど、僕は貧乏でも不良でもなく、たっぷり両親の愛を受けて育ったので(笑)、自伝は書くことがないから、フィクションのミステリーにしました」

 小説の見所は、登場人物のちょっとした勘違いで話が行き違ったり、嘘をごまかすためにさらなる嘘をついて挙動がおかしくなったりする、まるでアンジャッシュのコントを見ているような場面。それと、前半の何げない話が伏線になっていたり、ごくありふれた青年が犯罪を犯すまでの経過をじっくり描いたりと、物語に引き込ませるべく、多分に含まれたミステリー要素だ。

「ミステリーは昔から好きでした。最近だと、湊かなえさんの『告白』(双葉社)が面白かった。学生の頃は"叙述トリック"にハマッたなぁ……」

 人物描写のリアルさや、細かい伏線などを丁寧に書くため、構想から発売まで担当編集者と相談しながら2年も費やしたのだとか。マジメ!そのかいあって本作は、映画監督の堤幸彦さんに映画化のオファーを受けたほどの出来に。今回の小説、もし映画化されたら、キャストは誰がいいですか?

「うーん、まったく考えてませんでした……次にその質問をされるまでに、考えておきます(笑)」

 テレビで活躍してて、イケメンでモテモテで、その上小説まで書いちゃって……なんだかズルい! ひとつぐらい才能を僕にちょうだい!

(梅田カズヒコ/プレスラボ)

わたべ・けん
1972年9月23日、東京都生まれ。お笑い芸人。93年、相方・児嶋一哉とアンジャッシュを結成。緻密に作り込まれたコントには数多くのファンがいる。現在、『めざせ!会社の星』(NHK)、ラジオ『PLATon』(J-WAVE)などに出演中。

0910_watabebook.jpg

書籍『エスケープ!』
就職も決まり、可愛い彼女もいる大学4年生の主人公。だが、この先の人生を考えたとき、あまりの刺激のなさに辟易した彼は、ある計画を練り始め……。発行/幻冬舎 価格/1365円(税込)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」