サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > レン・ハン自殺後の【中国写真】

――2010年代、レン・ハンという中国の若手写真家がセンセーショナルかつユーモラスなヌード写真で世界的なスターとなったものの、最期は自殺してしまった。このことは日本でも一部で話題となったが、中国にはほかにどんな写真家がいるのだろうか? 表現規制と向き合いながら、新たなイメージを開拓する者たちに光を当てていこう。

2003_P048-053_china14_320.jpg
『The Chinese Photobook: From the 1900s to the Present』(Aperture)は、2016年に出版された分厚い中国写真史の書籍。

 中国でもっとも有名な写真家といえば、ある程度アート写真に詳しい人はレン・ハン【1】の名を挙げるだろう。彼は性的な表現がタブーとされる中国において、主に友人たちのヌードを撮り続け、そのユニークな構図やヴィヴィッドな色使いも相まって世界的に高い評価を得たが、2017年に29歳(享年30歳)の若さで自ら命を絶った。

 あるいは、広告やファッションなど商業写真の分野ではチェン・マン【2】の知名度が圧倒的に高い。1980年生まれの彼女は00年代前半に頭角を現し、中国版の「VOGUE」や「Harper’s BAZAAR」、イギリスの「i-D」などの雑誌を中心に活躍。中国市場の成長と共に成功を収めた写真家といえよう。

 ただ、この2人にしても日本での一般的な認知度はそう高いとはいえず、いわんやそれ以外の中国人写真家をや、である。本稿では、今の中国で注目すべき写真家をピックアップしながら、中国の写真シーンに迫りたい。

「日本ではレン・ハンが有名ですが、中国のアート写真という分野で先駆的な活動を行った人物として、リン・チーペン【3】がいます」

 そう話すのは、美術書や写真集の出版、海外書籍のディストリビューションなどを手がける出版レーベル〈T&M Projects〉の代表・松本知己氏。

「リン・チーペンは79年に広東省で生まれ、今は北京に住んでいます。彼は03年から自身のブログに“No.223”という偽名ウェブネームで写真と短文をアップし、また写真集を自費出版するなどして、当時の中国の若者たちに大きな影響を与えました。現在、特に30代以上の写真家にとってカリスマ的存在です。キャリア初期からヌードを撮り続けていますが、ただ親密さを表現しているだけでなく、身体を通してセクシュアリティや人間のありようを問うているようで、そこには一貫した美意識が感じられます」(松本氏)

 そんなリン・チーペンのブログの熱心な読者のひとりがレン・ハンであり、この2人の活動により中国の写真は世界で認知され、また国内からも次世代を担う写真家が次々と登場している。そこで大きな役割を果たしているのが、07年に北京に設立された〈三影堂撮影芸術中心〉という写真センターだ。

「三影堂は写真コンテストも主催し、そこには海外在住の中国人も含めて4000人以上が応募します。日本だとキヤノンが主催する『写真新世紀』が有名ですが、その応募数は2000人弱ですから、規模も競争率も次元が違います。また10年代以降、三影堂以外にも写真コンテストを主催する団体がいくつも現れ、日々若い才能が発掘されています」(同)

アンダーグラウンドで流通するヌード写真集

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』