サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【石川真澄×くっきー!】「僕たち野良系ですからね」

――『スター・ウォーズ』やデヴィッド・ボウイとのコラボ作品で知られ、“現代の浮世絵師”とも呼ばれる石川真澄。そして、アートイベント『超くっきーランド』の大ヒットや『Artexpo New York』への出展も話題になった野性爆弾のくっきー!。日本のアート界の極北から世界に向けて独自の世界観を発信する2人の対談の行方は?

2003_200201_8239_s_520.jpg
(写真/河野優太)

『スター・ウォーズ』やデヴィッド・ボウイなど、西洋カルチャーを浮世絵に落とし込んだ作品で注目を集める新進気鋭の画家・石川真澄と、『Artexpo New York』への出展も話題になった野性爆弾のくっきー!(以下、くっきー)。まったく作風の異なる2人による異色対談が実現した。海外と国内のアート事情の違いや、「アーティスト」というカテゴライズのむず痒さについて話は弾み……。

――お2人はお互いの作品はご存じでしたか?

くっきー もちろん、『スター・ウォーズ』【1】のコラボは知ってましたよ。

石川真澄(以下、石川) 僕はくっきーさんは、かなりの頻度でテレビで拝見してます(笑)。

くっきー (石川の作品を見ながら)あれ、『コブラ』(KADOKAWA/寺沢武一)もやってはりますね。これはガチですか? それとも勝手に描いてはるやつ?

石川 一応、オファーをもらって描いてます。

くっきー マジッすか! これ版画ですの?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ