サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 氷川きよしに何が起きたのか?【4】/【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
第1特集
氷川きよしに何が起きたのか?【4】

【輪島裕介/視点3:演歌】芸能の性別越境を回復し演歌の規範を突破する

+お気に入りに追加

――“演歌界のプリンス”と呼ばれてきた歌手の氷川きよし。このところ、“変身”が見られるとして話題となっている。また、週刊誌で“生きづらさ”を語ることもあった。しかし、これらがいわゆる“カミングアウト”に当たるとは言いづらい。一体、何が起きているのか――。フワッとした報道ばかりの状況下、本誌は徹底的に論じる!

輪島裕介(音楽学者)

2002_P050-055_03-3_150.jpg

わじま・ゆうすけ
1974年、金沢市生まれ。大阪大学大学院文学研究科准教授。『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社新書)で第33回(2011年度)サントリー学芸賞(芸術・文学部門)を受賞した。ほかの著書に『踊る昭和歌謡 リズムからみる大衆音楽 』(NHK出版新書)がある。

2002_P050-055_03-1_320.jpg
左より『ひばりの森の石松』DVD(東映)、『ひばりの三役 競艶雪之丞変化』ポスター。

“待望の”という感覚です。氷川さん個人の性的な指向について私がどうこう論じる筋合いではないことは大前提ではありますが、性別を越えていくようなパフォーマンスを取り入れることは、歌手として“待望の”ことでした。

 氷川さんはここ20年、演歌という音楽ジャンルを一手に担ってきました。2000年に彼が登場したことで、演歌界が延命したことは間違いありません。演歌界のスターらしいスターは彼だけです。フォロワーのような若くて線が細くてきれいな男性歌手をたくさん生み出しました。業界の期待を背負ってきたといえるでしょう。

 しかし、演歌は本来、氷川さんが“プリンス”“国民の孫”として体現してきたような、品行方正でマジメで型にはまった日本的なものを表すものではありません。それは、歴史を振り返ればすぐにわかること。

 芸能者は両性的に性を自由に行き来するものでした。今も歌舞伎で見られるように普通のこと。ジェンダー的な規範が押し付けられて内面化されていったのは、この半世紀ほどではないでしょうか。今回の特集のテーマに当てはめて考えると、“芸能の性的な越境がタブー視されるようになった”ということ自体が暴かれるべきタブーではないかと私は思っています。そのタブーを彼自身が暴露し、芸能にもともとあった性的な越境を取り戻した感があります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』