サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 氷川きよしに何が起きたのか?【3】/【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
第1特集
氷川きよしに何が起きたのか?【3】

【湯山玲子/視点2:男性論】ミサンドリー時代に合った男と女を行き来する戦略

+お気に入りに追加

――“演歌界のプリンス”と呼ばれてきた歌手の氷川きよし。このところ、“変身”が見られるとして話題となっている。また、週刊誌で“生きづらさ”を語ることもあった。しかし、これらがいわゆる“カミングアウト”に当たるとは言いづらい。一体、何が起きているのか――。フワッとした報道ばかりの状況下、本誌は徹底的に論じる!

湯山玲子(著述家・プロデューサー)

2002_P050-055_02-2_150.jpg

ゆやま・れいこ
映画、音楽、食、ファッション、クラブ・カルチャーなど文化全般を横断しながら執筆を展開。『ごごナマ』(NHK)をはじめ、テレビ番組にコメンテーターとしても出演している。著書に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『男をこじらせる前に』(角川文庫)など多数ある。

2002_P050-055_4P_320.jpg
三浦春馬がドラァグクイーンを演じ、2016年に日本で初演されたブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。「Astage」のYoutubeチャンネルより。

 まず、セクシュアリティについて明確に発言しない理由は、今までのファンを裏切らないため。主なファン層である中高年女性たちの「演歌界のプリンスであってほしい」「きよし君にお嫁さんを見つけてあげたい」という保守的な応援心理をよく知っているからです。

 明言しなければ「そうかも?」という疑いは残りつつも、ギリギリのところで今までと変わらないファンの気持ちを維持できる。あえて、カミングアウト発言して得られる利益と発言しないで得られる利益のどちらを取るかといわれたら、日本の芸能界の空気でいえば前者はリスクが高いということでしょう。特に氷川さんは、過去に元マネージャー男性に暴力やセクハラで訴えられ(2014年に示談成立)、少々ダークなイメージもあるので、そういう判断になると思います。

 セクシュアリティは別として外見だけでいえば、氷川さんの“変身”に関しては女性はウェルカムでしょうね。芸事においての男性の女装は、歌舞伎はもとより、『キンキーブーツ』のようなミュージカル、ドラァグクイーンに至るまで女性は大好き。氷川さんがドレスを着て美しく華やかに着飾ることは、前述した演歌オールドファンの女性たちにしても、美輪明宏や美川憲一らのビッグネームの既視感もあり、好意的に受け入れられるでしょうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』