サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 氷川きよしに何が起きたのか?【1】/本当の【氷川きよし】論

――“演歌界のプリンス”と呼ばれてきた歌手の氷川きよし。このところ、“変身”が見られるとして話題となっている。また、週刊誌で“生きづらさ”を語ることもあった。しかし、これらがいわゆる“カミングアウト”に当たるとは言いづらい。一体、何が起きているのか――。フワッとした報道ばかりの状況下、本誌は徹底的に論じる!

2002_hikawa_520.jpg
(絵/サイトウユウスケ)
2002_P050-055_05_320.jpg
上:19年11月、インスタグラムで純白ドレス姿を披露した。「あなたがいるから」の歌詞を添えて。下:同年8月、プロ野球の始球式に美脚を露出したショートパンツ姿で登場。「ORICON NEWS」のYouTubeチャンネルより。

 氷川きよしの“変身”が話題を集めている。2000年に「箱根八里の半次郎」でデビューして以来、“演歌界のプリンス”として君臨してきた彼に、「何かが起こったらしい」と世間がざわめき始めたのは2019年8月。東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース戦の始球式で、20周年記念シングルの新曲「大丈夫」を熱唱したのだが、注目されたのはそのファッション。大きめのユニフォームに、太ももが半分以上露わになったショートパンツ。そこから伸びるのはムダ毛が一本もないツルツルの美脚。肩に付きそうなほど伸びたフワフワの髪をなびかせ、なんとも中性的な雰囲気を漂わせていた。

 19年11月には公式インスタグラムを開設。弓なりに細く整えた眉にアイラインと肌のツヤ感を強調したエレガントなメイク、ウエディングドレスのような純白の衣装姿やスキニーパンツ姿などを見せ、太眉がりりしい“演歌界のプリンス”時代とは大きくイメージチェンジした。

 一体、何が起こったのか?「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)20年1・2月号合併号でヴィジュアル系ミュージシャンのようなグラビアを披露した氷川は、インタビューでこう語る。

「年齢や性別なんて関係ない。常にきれいでいたいし、ミステリアスでもありたい」

「母が『好きなように生きなさい』って言ってくれたんです。『自分の人生なんだから、あなたの好きなように生きなきゃ』って。子どものころから『きーちゃん』って呼んで、ずっと見ていてくれたから、一人で東京に出て、芸能界で頑張っている姿を見て心配していたんでしょうね。母の励ましはすごく嬉しかったです」

 さらに、「週刊新潮」(新潮社)19年12月19日号では、これまでを振り返りつつ次のように語った。

「小さい頃は、ナヨっとして女の子っぽかったから、よく『オンナ!』とか『オカマ!』ってイイジメられて苦労したこともあった」

「本当の自分を出さないように、出さないように生きてきた。女性っぽさとか透明感とか、美について自分は色々な見せ方を持っていても、出しちゃダメと思いながら、精一杯頑張ってきた」

「『演歌の王道』を歩んで欲しい、男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」

「40過ぎてどう生きるかと考えた際、もう世間にどう言われようが、足蹴にされようが、しっかり確信をもって表現していこうと決意した」

紅白でも“本当の自分”を曖昧にした理由とは?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』