サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > J-POPとK-POPを包括したCアイドル【1】/芸能界を変える【中国アイドル】ブーム

――今、中国では空前絶後のアイドルブームが訪れている。日本ではもはや珍しがられることもなくなったアイドル文化も、中国では新鮮な感動をもって熱狂を巻き起こしているという。その実情を追った。

1908_china_01_320.jpg
18年の「今年中国で影響を与えた人物」に、女子アイドルとして初めて選出されたヤン・チャオユエ。かわいい。(写真/Imaginechina/アフロ)

 2018年末、政府系娯楽メディア「中国新聞周刊」が発表した「今年中国で影響を与えた人物」に賛否の声が噴出した。議論の的となったのは、その人選。中国卓球協会会長、国立故宮博物院院長、映画監督など30代以上の男性たち17人に交じり、弱冠21歳の女子アイドル、ロケット少女のヤン・チャオユエ(楊超越)が選ばれたのだ。

 こうした異例の人選は、18年に中国で空前のアイドルブームが巻き起ったことに起因している。例えば、中国で人気の指標とされる「weibo」のフォロワー数は、TFBOYSのワン・ジュンカイ(王俊凱)が7250万人、NINE PERCENTのカイ・シュクン(蔡徐坤)が2539万人、先のヤン・チャオユエが1081万人。世界的に知られるアンジェラベイビー(1億54万人)、ファン・ビンビン(6290万人)、チャン・ツィイー(2820万人)と比較すると、その人気ぶりが推測できる。

 膨大な数のファンを抱えた彼らの影響力は絶大で、近年では「アイドル市場」という言葉も誕生するほどだ。中国のある証券会社の試算によれば、2020年の同市場の産業規模は約1・6兆円になるというから、いかに熱い市場になってきているかが窺える。

 実は、中国で国産のアイドルグループがブームになるのは史上初のこと。なぜ今、隣国では次々とアイドルグループが生まれているのだろうか。

80年代に始まった中国の芸能界

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報