サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > もう一度日本史を学び直せる!【2】/【伝記まんが】の流行はアノ人!
第1特集
もう一度日本史を学び直せる!【2】

大人は知らないけど子どもは知っている?――続々新しい人物が登場! 変わる伝記まんが

+お気に入りに追加

――田尻智、ルイ・ブライユ、マルガレーテ・シュタイフ……。これらの人物の名前を聞いたことはあるだろうか? 大人世代にはなじみがないかもしれないが、今やこれらの面々は伝記まんがの新定番となっているのである。

1901_kumamon_200.jpg
『くまモン (小学館版学習まんが)』(小学館)

 学習まんがのもうひとつの定番といえば、有名な偉人たちをひとりずつまとめた伝記シリーズ。エジソン、ナイチンゲールなどが、かつてはおなじみだったが、最近のラインナップを見てみると、昔からの定番の人物に加えて、かつては見られなかった新たな人物がかなり加わっていることがわかる。特に最近の新定番となっているのが、アップルの創設者、スティーブ・ジョブズで、小学館、集英社、学研の3社から伝記まんがが出ているという人気ぶり。開拓者としての面や、型破りな性格が子どもにもアピールするようだ。また、iPhoneやiPadは子どもも触れる機会が多いだけに、物語もなじみやすいのだろう。

 小学館では、ジョブズをはじめ、藤子・F・不二雄、イギリスの元皇太子妃ダイアナのほか、テディベアをつくった起業家マルガレーテ・シュタイフや、点字を発明した19世紀の盲目のフランス人、ルイ・ブライユといった聞き慣れない名前も。さらには存命中の人物でも、野球選手の松井秀喜や、ポケモンの生みの親の田尻智、そして、熊本のゆるキャラ、くまモンまでもが取りあげられている。

「子どもの偉人のイメージも年々変わってきていますし、何かをつくった人のほうが、彼らも自分の将来と合わせてイメージしやすいようです。一応従来の伝記の枠は『学習まんが人物館』として、存命の人物は『学習まんがスペシャル』。『くまモン』【6】は人間ではないので、シンプルに『学習まんが』としています。『ルイ・ブライユ』【7】などは、大人にはなじみがないですが、今の小学生は教科書に載っているので割と知っている人物なんです。そういった最近の認知度なども考慮して、人選をするようにしています」(小学館学習まんが室長・安達健裕氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』