サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > もう一度日本史を学び直せる!【1】/イマドキの【歴史学習まんが】が面白い
第1特集
もう一度日本史を学び直せる!【1】

天皇をめぐるスキャンダルも――大人もうなる描写が満載! 日々進化する歴史学習まんが

+お気に入りに追加

――児童書のコーナーに行くと、最近とみに盛り上がっているのが、歴史学習まんがの棚。昔からあるジャンルだが、近年新規参入やリニューアルが繰り返され、どんどん新しくなっている。大人の勉強にも耐え得るそのシナリオは、どのようにつくられているのか?

1901_P074-077_img001_520.jpg
多くの人気マンガ家が装画を担当する集英社の『日本の歴史』シリーズ。

 歴史を子ども向けにわかりやすく描いた歴史学習まんが。それは長らく、学校の図書館に置いてある唯一のマンガであり、親が率先して買ってくれるもの。さらには読んでいても、「勉強してる」と言い張れたことから、多くの本誌読者は、小学生時代にお世話になったのではなかろうか。

 その、歴史学習まんがの世界が、最近とみに活況を呈しているようだ。皮切りになったのは、2015年に刊行された、『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』(全15巻)【1】。歴史学習まんがには初参入のKADOKAWAながら、手に取りやすい判型と、現代的な絵柄、そして大人も学べるほどの本格的な歴史観で評価され、累計400万部を突破したとのこと。

 また、歴史学習まんがの老舗出版社のひとつである集英社は、16年に全巻を新たに描き下ろした『学習まんが日本の歴史』(全20巻)【2】を発売。もっとも大きな特色としては、明治以降の近現代史に13巻から20巻までの8巻を費やし、20巻は『平成時代』のみに丸々1巻を割いていることがあげられる。

 これらの新シリーズは人気マンガ家を起用していることも特徴で、KADOKAWAでは『ケロロ軍曹』の吉崎観音や『DEATH NOTE』の小畑健、集英社では『NARUTO』の岸本斉史や『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦、『東京タラレバ娘』の東村アキコなどが表紙イラストを手がけている。もっとも、これらのマンガ家はあくまで表紙のみで、中身は別のマンガ家が描いているのだが……。そして、今年18年の10月には、これも歴史学習まんがの老舗の小学館が、ロングセラーシリーズに新たに1巻付け加える形で、『少年少女日本の歴史 22巻 平成の30年』【3】を発売。さらに同社は、長く集英社と学研のみの刊行だった世界史まんがを『学習まんが世界の歴史』(全17巻)【4】として、11月末に発売するなど、歴史学習まんがをめぐる各社の出版攻勢はデッドヒートの様相を呈しているのだ。

平成の歴史をどうまとめるか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』