サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【自主制作映画】の現場からの悲鳴

――『カメラを止めるな!』が興行収入28億円超えのヒットを記録したことで今、メジャーな映画会社配給ではない自主制作映画に注目が集まっている。とはいえ、低予算ゆえにさまざまなトラブルもあるというが……そんな自主制作映画の現場の内情を関係者たちに語ってもらおう!

1812_P064-067_ca_1_350.jpg
「自分たちが作りたい映画」を撮るために、同好の者たちが集まってクランクイン。ちなみに、予算は「あご・あし・まくら」と機材費でほぼ消える。

[座談会参加者]
A…監督(26歳)
B…女優(25歳)
C…カメラマン(27歳)
D…映画ライター(28歳)

A 興行収入が28億円超えという『カメラを止めるな!』(2018年/以下、『カメ止め』)のヒットを受けて、自主制作映画が注目されているらしいけど、みんなは『カメ止め』人気をどう思う?

B 東宝や松竹など、メジャーな映画会社の作品しか取り扱わないようなシネマコンプレックスでも、低予算で無名に近い俳優たちが出演する『カメ止め』が上映されたのは、自主制作映画の人間として、ある種の希望だと思ったよね。

C 本当は『カメ止め』よりも、もっと面白い自主制作の作品もあると、世間に訴えたいところだけども、あの作品が広まって自主制作映画そのものに注目が集まったのはよかったかな。

D ところで、『カメ止め』は「製作費がたったの300万円」という部分が喧伝されているけど、その製作費は出演者から集めた資金だったということは、あまり語られていない。この映画の製作費は「ENBUゼミナール」という映画監督や俳優の養成学校が主催するワークショップに参加した役者から参加費として集められたものなんだよね。

A そう。だから、主演の濱津隆之さんが『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でも話していたけど、ヒットしたからといって、出演者にボーナスが入ってくるわけでもない。俳優たちは次の仕事が決まったりはしているようだけど、今回のヒットで金銭的に得したのはENBUだけ。

C ワークショップで制作される映画の場合、スタッフには一応ギャラが出る一方で、俳優と監督にはバックがないんだよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』