サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――雑誌サイゾーのカルチャーページで取材をした小川紗良と堀田真由。2人とも20歳前後ながら俳優としてドラマや映画で活躍し、ネクストブレイクを待っている状態だ。方や早稲田大学で映画論を学ぶ小川、方やカット割りにまで踏み込んで映画を読み込む堀田。映画やドラマに制作視点を持って臨む2人の若手俳優に対して、映画監督の入江悠と共に映画メルマガを発行する脚本家の林賢一が根掘り葉掘り映画論を聞いた。

1812_0318_cmyk_520.jpg
(写真/河西 遼)

林賢一(以下、) 小川紗良さんは22歳という若さながら、俳優としてだけでなく監督としても活動されています。また、堀田真由さんは映画のカット割りに強く関心を示すなど、お2人とも出演するだけでなく映画製作そのものへの興味がお強い。本日は、そんなお2人に、どうやって映画作りに向き合っているのか、放送作家から脚本家に転身した私が、存分に聞いてみたいと思います。そもそも、同世代の俳優と話す機会は多いですか?

小川紗良(以下、小川) 私はあまり同世代と対談というのはないですね。

堀田真由(以下、堀田) 小川さんは監督もされるとのことなので、今日は緊張しています。

 まず俳優を目指すきっかけになった映画はなんでしょう?

堀田 私は『るろうに剣心』です。

小川 え、アニメですか?

堀田 そちらではなくて、佐藤健さん主演の実写版『るろうに剣心』(2012)です。俳優を目指すまでハマった映画がずっとなくて。それまでは『ハリー・ポッター』シリーズとかを母と映画館に観に行くというくらいで、映画の世界にハマるまではいかなかったんですけど、『るろうに剣心』を観終わった後、いい意味で体が重くて。座席から立てないような衝撃と共に、自分がこの作品の中にいないことに「あれ?」みたいな感じになってしまって。そこから『るろうに剣心 京都大火編』(14)、『るろうに剣心 伝説の最期編』(14)と3部作を観に行って、俳優になるきっかけとなりました。

 それまでイチ映画ファンだったのが、『るろ剣』で変化したんですね。

堀田 映画やドラマ自体をそれほど観ていたわけではなかったし、どちらかというと興味がない世界でした。「私はそこに入る人じゃない」と思っていたんですけど、何かが変わったんです。

小川 具体的に『るろうに剣心』のどこにグッときました?

堀田 日本でもこれほどのアクションだったり、大きいことができるんだ、ということにびっくりしました。インタビューなどを読んだりすると、役者さんの役作りもすごいなぁ、と思って。

小川 私は映画ではなくアニメなんですけど、親が好きだったので小さい頃からアニメの『ガラスの仮面』(日本テレビ)を観ていて。その影響で小さな頃から俳優業に憧れはありました。映画でいうと、私も意識的に観るようになったのは俳優業を始めてからで、最初は岩井俊二監督の作品をたくさん観ていました。あとは蒼井優さんが出ている作品とかを追ったり。

 小川さんが監督をやられるタイミングというのは、俳優とどっちが先だったんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』