サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 俳優に責任を問う【報道の愚行】

――一躍映画の主演俳優にまでなった吉岡里帆。だがこのほど公開した映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ 』が、興業的に爆死。ネットで“戦犯”扱いされている。一生懸命やっている彼女がなぜ、戦犯と呼ばれなければならないのか? 映画キャスティングと戦犯報道の関係とは?

1812_P060-063_P1_350.jpg
どこまでが本タイトルかわからない映画『音量を上げろタコ!  なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』。とりあえずタイトル長すぎも敗因なのでは?

 10月12日に公開された映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の評判が芳しくない。

 テレビドラマ『時効警察』(テレビ朝日)や、麻生久美子主演の映画『インスタント沼』で知られる三木聡監督と、大人計画の阿部サダヲ主演という布陣で臨んだ本作。だが、全国248スクリーンで公開され、時期的に目立ったライバルも不在という好条件にもかかわらず、興行通信社が発表する「国内映画ランキング」でトップ10から落選している。興行収入は公開2日間で3000万円程度、最終的にも1億円程度になるのではないかと噂されている。

 そんな中、この不振の「戦犯」として、阿部と共に主演を務めている吉岡里帆がまつり上げられている。最近ドラマへの主演が続いたものの、『きみが心に棲みついた』(TBS系)は平均視聴率7・7%、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)は5・7%と、視聴率不振にあえいでおり、続いて主演映画も大ヒットにはならなかった。「男性には人気がある吉岡ですが、女性からはそこまで高く評価されていません」(映画関係者)、「グラビアで評価されてきた彼女は水着になってなんぼ」(テレビ関係者)といった声も聞かれる吉岡に対してドラマ・映画の「失敗」の責任を押しつけるメディアも多く、彼女に対する報道には「戦犯」という言葉が踊っている。

 近年、映画やドラマなどの不振を表す言葉として一般的になってきた「戦犯」という表現。その多くは、矢面に立つ俳優に対して汚名を着せる内容となっている。しかし、映画にしてもドラマにしても、監督、プロデューサー、俳優、脚本家など、さまざまなスタッフたちがその力を合わせて成り立つもの。いったい、俳優に対する「戦犯」という評価は、どこから生まれてくるのだろうか? 

戦犯女優の元祖は鈴木京香だった!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』