サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 決定!2018年【邦画ラジー賞】

――今年も数多くの邦画が公開され、中にはヒットを飛ばしたものもあったが、興行収入で爆死した作品や、もはや話題にすらならなかった作品も多々あり……。映画ライターの稲田豊史とよしひろまさみちの両氏が、2018年の邦画界を振り返りながら、アノ問題作について好き勝手放談する。

大根仁、福田雄一、 お寒い90年代リバイバルetc…を一刀両断!『万引き家族』の陰で爆死多発! 決定! 2018年最低邦画大賞の画像1
『世界シネマ大事典』(三省堂)

『万引き家族』のカンヌ映画祭パルムドール受賞に始まり、『劇場版コード・ブルー』が邦画実写映画として15年ぶりの興行収入90億を突破、さらにSNSの口コミで拡大した『カメラを止めるな!』など、話題も少なくなかった今年の邦画界。しかし、そんな話題作の陰でひっそりと爆死していた作品もちらほら……。そこで今回は、本誌でコラム「オトメゴコロ乱読修行」を連載する稲田豊史氏と、朝の情報番組『スッキリ』で月1の映画紹介コーナーを担当する映画ライターのよしひろまさみち氏に、この1年の邦画を振り返ってもらいつつ、2018年ラジー(最低映画)賞を選定してもらった。

稲田:今年は90年代に青春を送った客を当て込んで作った映画が結構ありましたね。で、いきなりラジー賞候補を出しちゃうんだけど『リバーズ・エッジ』はひどかった。

よしひろ:びっくりしたよね、何これって。

稲田:サブカル界隈の事前の盛り上がりはあったんですよ。行定勲監督に、主演はみんな大好き二階堂ふみ。そしてカリスママンガ家・岡崎京子の最高傑作といわれた原作で、いざ観に行くと……大事故案件(笑)。「あなたにとって愛ってなんですか?」みたいな行定さんのインタビューが挟まれるアバンギャルド(笑)な様式で。

よしひろ:何? 『ワンダフルライフ』(99年)のまねごとなの?みたいな。アスペクト比4:3みたいな古い演出にも引いたわ~。

――二階堂ふみの初脱ぎっていう話題もありましたが。

よしひろ:それ、見たいか? って思う。

稲田:もはや本編は小沢健二の新曲を聴くための前説でしたね。『SUNNY 強い気持ち・強い愛』【1】もそうですけど、どうも作り手が90年代カルチャーの影響力を過大評価していて、客層がもっと広いと思っちゃってますよね。『SUNNY』なんか「95年の女子高生」とさらに限定しちゃって……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』