サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 企業も個人もライブ配信で儲かるの?【1】/SHOWROOM、17 LIVE、TikTokは“儲かる”か!?
第1特集
企業も個人もライブ配信で儲かるの?【1】

一晩で100万円稼ぐ配信者も!?――SHOWROOM、17 LIVE、TikTokは“儲かる”か!?

+お気に入りに追加

――YouTubeはもとより、最近ではSHOWROOMや17 Live、TikTokなど、動画・ライブ配信サービスが破竹の勢いを見せている。VTuberがブームとなり、これらの事業を手がける企業への投資は国内外問わず盛んである一方、「投げ銭機能」の普及により、YouTuberだけでなく“ライブ配信で食べていく”一般人も登場し始めた。今、多くの“金が集まる”動画・ライブ配信について、その歴史からビジネスモデルまでを概観していく。

一晩で100万円稼ぐ配信者も!?――SHOWROOM、17 LIVE、TikTokは儲かるか!?の画像1
(イラスト/ぱいせん)

 今、動画・ライブ配信プラットフォームがかつてない盛り上がりを見せている。2016年頃から「SHOWROOM」や「MixChannel」のほか、中国の「TikTok」、台湾の「17Live」といった動画・ライブ配信アプリが台頭を始めており、街頭広告やCMだけでなく、ワイドショーといったテレビ番組でもこれらアプリの特集が組まれているのを目にしたことがある読者も少なくないだろう。

 こうしたライブ・動画配信アプリにおいて、活躍の中心となっているのは、アイドルや著名人ではなく、ごく普通の一般人だ。容姿の端麗さやトークスキルで魅せる者もいれば、とりとめのない雑談で人気を博す配信者も多数存在している。TikTokや17Live、MixChannelを覗いてみれば、そこらへんにいるような10代の少女がタレントやスターのごとき存在として扱われている姿を見ることができるだろう。例えば、16歳の女子高生である渡辺リサはTikTok上だけで700万人以上のフォロワーを抱えており、同年代の女子を中心に絶大な人気を誇っている。

 また、16年頃にはLINEやインスタグラムといったライブ・動画配信機能を備えていなかったSNSでも、同様の配信機能が拡充された。このことからも、その需要の高さがうかがい知れる。

 近年では、こうした動画・ライブ配信サービスに“投げ銭”機能が導入されることも増えてきた。視聴者が配信者に対して課金アイテムを贈ることで、配信者はその課金額に応じて収入を得られ、人気ユーザーの中には“配信で食える”者も生まれてきている。

 こうした事例を踏まえ、本稿では、隆盛する動画・ライブ配信サービスを俯瞰しつつ、その“金回り”について、企業と個人、それぞれの観点から見ていく。

VTuberでも盛り上がる“ライブ配信第二世代”

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』