サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
第1特集
グラビアを支える縁の下の力持ち

重要な役割を担っても表舞台には出ず!?――男を女にすることも簡単!? レタッチャーが語る修正最前線

+お気に入りに追加

――今や芸能人やモデルがインスタに写真をアップしようものなら、「フォトショ乙」や「レタッチ乙」などネット民から揶揄される時代。それほどまでに一般化した“画像修正”という技術。では、レタッチのプロ=レタッチャーたちは、どのような技術とスタンスで作業を行っているのだろうか。無修正の奥深きレタッチの世界を覗く。

1810_retouch_p1_300.jpg
こうしたビフォーアフター画像や動画を見たことのある読者も多いだろうが、このレタッチを「誰がやったのか?」は、あまり知られていない。(YouTube「Speed Retouch」より引用)

 ブログやインスタグラムなどを通して、芸能人から一般人まで、誰もがスマホやデジカメで撮影した写真を気軽に投稿する昨今。その画像を見映え良く修正/加工する“レタッチ”という技術は、もはや一般化している。そして、我々が日常的に目にしている雑誌や広告、商品パッケージなどで使用されているほぼすべての画像にもまた、巧みな処理が施されている。こうした仕事を生業にしているのが、いわゆる“レタッチャー”だが、彼らが表舞台に出ることは少ない。そこで今回、第一線で働くプロの3名に最新のレタッチ事情を聞いた。

 まずは、自身の事務所を構え、広告業界をメインに幅広い分野で活躍するA氏が、レタッチの変遷を次のように語る。

「その言葉の台頭は、15年前くらいまでさかのぼります。それより前は、画像を修正するスタッフは、アドビシステムズが販売している画像編集ソフト〈Photoshop〉を使用することから“フォトショッパー”と呼ばれていましたね」

 AVメーカーが主なクライアントで、アダルト商品のパッケージなどを手がけるフリーランスのレタッチャー・元日田先氏が続ける。

「レタッチという言葉はメジャーになりましたが、レタッチャーという職種は、あまり浸透してないように感じますね。

 ちなみにAVパッケージの主な作業は、肌の色の調整や補正、合成、また胸を大きくしたり手足を長くするといった、人間そのものを加工することに重きを置いています」

 一方、ミュージシャンやタレントの宣材写真からCDやDVDパッケージ、グルメサイトの料理写真など、さまざまなジャンルを手がけるレタッチャーB氏は、“技術”について次のように話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』