サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【グラビア雑誌関係者座談会2018】今一番“エロい”グラビア雑誌
第1特集
もっとも載せたいグラドルは誰だ?

【グラビア雑誌関係者座談会2018】ロリ巨乳・浅川梨奈の人気に陰り!? 今一番“エロい”グラビア雑誌

+お気に入りに追加

――新しいグラドルが雑誌を席巻している。アイドルやモデルのグラビアも人気となり、さまざまなタイプのグラビアアイドルが台頭している昨今。人気者もはやりの撮影方法も、目まぐるしくうつろう。グラビア雑誌の関係者たちによる座談会を緊急敢行して、今後のグラビア界をうらなった。

1810_zadankai_p1_300.jpg
テレビメディアでの仕事が増えたり、年齢が上がっていくに連れてグラビア仕事をやらなくなる人も多い中、叶美香さんは今でも続けてくれていますゾ!

[座談会参加者]
A…芸能誌記者
B…テレビディレクター
C…芸能事務所関係者

A:僕らは、普段はライバルとして意識しあったり、事務所と編集部という関係の中で仕事を進める間柄だけど、今日は昨今のグラビア界にまつわる話題を振り返ってみようか。

 2017年から18年にかけて話題になったグラビアアイドルとして筆頭に挙がるのが、たぬき顔でロリ巨乳が武器の大原優乃だったね。大原は、元Dream5のメンバーとして活躍していたが、17年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビュー。今年3月に発売されたファースト写真集『ゆうのだけ』(ともに集英社)は、アマゾンでも売り上げ1位を記録している。

B:大原は、デジタルでも紙でも写真集の売れ行きが好調。本人もSNSをしっかり使いこなしていて、ツイッター、インスタグラムともにフォロワー数は12万人を超えている。これだけのフォロワーがいれば宣伝効果的には及第点といえるかもしれないけれど、実は雑誌的にはおいしくないという説もある。

 本人はいい子だし、キャラクターもおもしろいんだけど、一般層に支持されているというよりも、コアなオタクのファンからの支持が熱いという感じではないかな? その結果、写真集は売れても雑誌の売り上げにはさほど貢献していないという話もあるようだ。写真集は、たくさん買うほどに握手できたりするといったイベント特典があるから、オタクはたくさん買ってくれるんだ。だから彼女も、一般層を取り込んでいけないと、今後は伸び悩んでしまうかもしれない。

C:大原の先輩にあたり、同じくエイベックスに所属し、“1000年に一度の童顔巨乳”のキャッチコピーでブレイクした浅川梨奈も、15年にグラビア活動を始めてから3年であらゆる媒体に出まくった。その結果、このところは、そのありがたみが薄れてしまっているように感じる。

A:読者がグラビアアイドルを消費するサイクルが、昔に比べて短くなってきている気もするから、そんな時代的な背景も影響しているのかな?

C:今売れているグラビアの子は、水着グラビアは知名度アップのためにやる“期間限定のステップ”というのを強く持っているよね。16年に「週刊プレ」の企画として、10人のグラビアアイドルが特集され、浅川のほかにも、馬場ふみか石川恋稲村亜美などが登場していた。けれども、今もグラビアアイドルとして第一線で活躍している子はわずか。目安としては、3年くらいで服を着始めるという印象だね。

B:それに浅川本人は今、グラビアの活動に前ほどは乗り気ではないという話も聞くね。デビュー時よりも肌の調子も悪いみたいだ。

A:大原とともに去年から大ブレイクを果たした小倉優香も、グラビア活動を始めた頃ほどには積極的ではなくなってきているようだ。今年5月に発売したファースト写真集『ぐらでーしょん』(講談社)では、手ブラや横乳など、初めての写真集とは思えないほどの過激さだったけど、逆に言えば、あまりグラビアを長く続ける気はないのかもな。もちろん、こちらとしては、これからのグラビア界を牽引する存在として是が非でも続けてほしいのだけど……。

C:でも、水着グラビアはやっぱりそこそこにしたいのが本音だという子が多いよね(苦笑)。その点、筧美和子はグラビアに抵抗がなく、むしろ積極的にカラダを見てほしいという稀有な女の子。もちろん、一時期は完全に出ていなかったし、今も前ほどには露出していないけど、むしろあれくらい知名度があったらグラビアを卒業しても全然おかしくないのに。

A:大原や小倉、浅川など、グラビアの王道を行くロリ巨乳たちが好調な要因には、AKBグループが18歳以下の水着を禁止したり、乃木坂46のメンバーによる露出度の低いグラビアが増えつつあるといった傾向に対する反動があるのかもしれない。読者としても「やっぱり着衣よりも水着のほうがエロい」と、水着グラビアに回帰しているんじゃないかな?

B:とはいえ、極端に過激でエロければいいってものでもない。雑誌の表紙でもエロさを感じるものよりも、爽やかな写真のほうが読者の反応が明らかにいいんだよ。特に、AKB48や乃木坂46がやっている露出控えめなグラビアに慣れ親しんだ20代以下の読者にとっては、水着グラビアってだけでも、エロく感じるのかもしれないね。

A:昔は「脱ぐ」といえばヌードのことだったけど、今は水着になることを意味するようになった。時代の変化だね……。

B:世の中の変わり目といえば、#Metooの問題はどうだろう? グラビアアイドルとして活動していた石川優実が、自らが経験した枕営業の実態を告発して話題となった。

A:#Metooのブームは一段落したようだけど、グラビア業界を掘れば、まだまだこの手の話は出てきそう。テレビやネットの番組でも、グラドルの暴露ネタが取り扱われることも多いよね。

C:所属タレントのほとんどが豊胸手術をしているなんて噂がたっている事務所もあるけど、うちではそんなこと、怖くてできないよ。仮にその場で本人が同意したとしても、後々「無理やり豊胸させられた」みたいな告発トラブルに発展しても困るしね。

A:その流れが再燃したら、いよいよグラビア界が震撼する事態になるかも……。

協力的な「ヤンマガ」か、部数を誇る「ヤンジャン」か

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』