サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【韓国】グラビア雑誌(裏)事情
第1特集
アイドル雑誌がない国のグラビアとは?

性表現に厳しい社会での“抜け道”とは?――国防部の定期刊行物に指定! 韓国グラビア雑誌の【裏】事情

+お気に入りに追加

――数年前、ロリ巨乳グラドルの篠崎愛が韓国の男性誌「MAXIM KOREA」の表紙を飾り、日本でも話題になった。では、かの国においてグラビア写真が掲載された雑誌は、ほかにも存在するのだろうか? そして、そのあり方は日本とどう違うのか? 雑誌を通して、韓国のグラビアをめぐる現状を探ってみよう。

1810_korea15_3_300.jpg
“マッスル美女”が登場するフィットネス専門雑誌「MAXQ」。

 日本ではグラビアアイドルに限らず、一般のアイドル、女優は必ずと言っていいほど新人の頃に水着になって男性誌のグラビアページに登場するが、K-POPアイドルが日本でも大人気の、お隣・韓国のグラビア事情はどうなっているのだろうか?

 グラビア事情がどうかという前に、まず、韓国は日本以上に出版産業が縮小し、雑誌自体が少ないという背景が前提としてある。セクシーな女性が見たいのであれば、ネットが主流。いわゆるエロ本も今は存在しない。加えて、性表現に対する社会の目がかなり厳しいという点も大きな特徴だ。

 その上で、女性芸能人のグラビアで最も有名な雑誌といえば「MAXIM KOREA」【1】(以下、「MAXIM」)である。アメリカの男性誌の韓国版だが、2010年から「ミスMAXIMコンテスト」を開催しており、それはセクシーモデルの登竜門といわれている。さらに、グループ会社には「MAXIM」の看板を掲げたモデル事務所もあるのだ。

 韓国のニュースを日本に伝えるウェブメディア「S-KOREA」の編集長・慎武宏氏は次のように語る。

「『MAXIM』は、社会問題、スポーツ、エンターテインメント、ライフスタイルなど総合的な情報を掲載する男性誌ですが、グラビアで話題となることが多いですね。しかも、妖艶な写真ではありますが、ただのエロではなく、演出、構図、ポージングなどが挑戦的で凝っており、写真としてのクオリティが高いと評価されています。そんな同誌のカバーを飾るのは旬の人。メジャー級の女優よりも、ネクストブレイクとして注目されている女性が起用されることが多いですね。発売時にはネットメディアにその情報を流し、記事として配信されるので、大きな話題となります」

 これまで登場したカバーガールは、モデルやアイドルにとどまらず、お天気お姉さんのチュ・ジョンギョンや、30万以上のフォロワーを抱えるインスタグラマーのシン・ジェウン、美女チアリーダーのアン・ジヒョン、女子アナのパク・シニョンなど幅広いジャンルから起用されており、日本のグラドル・篠崎愛や女優の藤井美菜、セクシー女優の北条麻妃が登場したこともある。概して、長い髪にメリハリのあるボディ、ボディコン、ハイレグ水着といった大人のセクシーさを全面にアピールした写真が多く、日本でウケそうなロリ顔は、16年2月号で表紙を飾って完売となった篠崎愛以外に見られない。それは、「韓国社会は性表現に厳しく、ロリ系やレイプを想像させるようなグラビアは問題視される」(慎氏)からだという。

 では、なぜ“ロリ巨乳”として知られる篠崎は問題なかったのだろうか? 韓国のファッション/カルチャー誌「OhBoy!」でデザイナーを務める日本人のErinam氏は、その背景について次のように分析する。

「『日本ですでに人気となっているグラビアアイドルだから』ということで、許されたのだと思います。韓国では日本のグラビアに影響を受けている写真家や読者が多く、実際にはロリ系アイドルのグラビアの需要は高いと思われますが、篠崎さんのような芸風を韓国人芸能人が堂々と展開するのは相当難しいでしょうね。気鋭の写真家・Rottaさんの写真集『Girls 少女たち』(16年)は、露出度が決して高いわけではないですが、モデルがスクール水着や制服、体操着などを着用していたために、女性たちからの批判を浴びました」

『Girls』は小さな出版社から刊行され、大々的な宣伝がされなかったにもかかわらず、韓国の大型書店チェーン「教保文庫」では発売第1週目で総合ランキング7位を記録。しかし、女性団体から「異常な児童性愛を助長する」として出版差し止めを求められる騒動が起きた。Rotta自身は「僕の美少女写真って、日本ではごく一般的に消費されている作風だと思うんですよ。だから韓国でも普通に受け入れられると思ったら、そうでもなかった」(16年10月15日付「S-KOREA」)と語っている。余談だが、彼は今年7月、モデルに性的暴行をした容疑で検察に送致されている。

男性アイドル写真が載るスタイリッシュな雑誌

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』