サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【ブルーノ・マーズ】太平洋諸島の童顔天才!
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【42】

【ブルーノ・マーズ】往年のWWE王者を名乗る太平洋諸島の童顔天才!

+お気に入りに追加

『24K Magic』

1701_FHS_230.jpg

ブルーノ・マーズ(販売元:ワーナーミュージック・ジャパン)

全編に溢れるのは、80年代から90年代前半までのブラック・ミュージックへの絶大なリスペクト、そして異常な完成度。聴いていて涙が出る。前々回の本欄で紹介したベル・ビヴ・デヴォーの「Poison」そっくりのドラムで始まる「Finesse」にしびれる。ジャケットのセンスの悪さにもしびれるが、これはまあこれでいいのだろう。


 アンドレ・ザ・ジャイアントと名乗るラッパーがいる……と言ったら、昭和プロレス・ファンは驚くだろうか。

 正確には、アンドレ・ザ・ジャイアントそのままではなく、アーティスト名は略して「AG」だ。このAGがニューヨークを根城とするヒップホップ・クルー〈DITC〉の一員であることを知れば……NYの地方団体だった頃のWWF(現WWE)に君臨し、「NYの帝王」と呼ばれたアンドレ・ザ・ジャイアントの名前を拝借した気持ちも納得できるかもしれない。

 必ずしも「黒人にはプロレス・ファンが多い」ということではない。むしろヒップホップ・カルチャー、そしてアフリカン・アメリカン文化に脈々と受け継がれる、「あだ名や変名に工夫を凝らす気風」の証明だろう。

 さて、そのWWFの最長期チャンピオンといえばブルーノ・サンマルチノだ。60~70年代のWWFを象徴するイタリア系アメリカ人レスラーである。そんなブルーノ・サンマルチノに由来する名で通っている当代随一の人気アーティストがいる。だが彼はラッパーではなく、アフリカ系でもなく、アメリカ「本土」出身でもない。

 ハワイはホノルルで生まれ育ったブルーノ・マーズの本名は、ピーター・ジーン・ヘルナンデス。だが2歳の時、父親が「うちの子は、なんだかブルーノ・サンマルチノに似ているな」と言って、彼をブルーノ呼ばわりし始めたのだという。幼児にして、どれだけ顔がゴツかったのか……と心配になるが、プリティボーイに育ってよかった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』