サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 海外小説と【版権エージェント】
第1特集
海外小説 ベストセラーの作り方【1】

海外ベストセラーの版権を狙え! 巨額が動く出版界のギャンブル 海外小説と版権エージェントの世界

+お気に入りに追加

――近年はそこまでヒット作に恵まれないものの、『ハリー・ポッター』シリーズや『ダ・ヴィンチ・コード』など、数多くの海外文学が日本国内でベストセラーとなり、社会現象にまでなった。だが、その裏側で辣腕を振るい、暗躍する“版権エージェント”には、あまりスポットが当たらない──。

1604_agent_01.jpg
映画化もされたスティーブ・ジョブズの自伝。(公式HPより)

 海外で大ヒットした作品の権利をめぐり、エージェントと呼ばれる人たちが暗躍し、時には億を超える金額が動く──。そんなふうに紹介すると、何やら華々しそうに聞こえる海外書籍の版権ビジネスの世界。だが、その実情がどんなものなのかは、翻訳小説をよく読むという人でもほとんど知らないのが普通だろう。

「版権エージェントという言葉自体が日本人にはなじみがないと思うのですが、まず前提としてアメリカやイギリスでは作家にそれぞれエージェントがついているんです。野球選手のエージェントと同じで、彼らは担当する作家が出版社となるべくいい条件で出版契約を結べるように交渉する。そして、私たち日本のエージェントは、その現地のエージェントのサブエージェントであり、日本という国のローカルエージェントという位置づけになります」

 こう解説するのは、タトル・モリ エイジェンシーに所属する版権エージェントの盛川水砂氏。実際には、日本で個人がフリーで版権エージェントとして活動することは難しく、ほとんどが大手版権エージェント会社に所属している。「タトル・モリ エイジェンシー」「日本ユニ・エージェンシー」そして「イングリッシュ・エージェンシー・ジャパン」の3社が日本における3大版権エージェント会社だ。

「タトル・モリは、第二次大戦後に進駐軍と一緒にアメリカからやってきたチャールズ・E・タトル氏が、書籍の輸出入のために1948年に立ち上げたチャールズ・E・タトル商会がその前身。そこから版権を扱う部署が78年に独立したのが、タトル・モリエイジェンシーの始まりです」(盛川氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』