サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【ウィル・スミス】ドル箱役者の数奇な人生
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【29】

【ウィル・スミス】ドル箱役者の数奇な人生。新鮮王子は帰還できるか? 

+お気に入りに追加

『He's the DJ, I'm the Rapper』

1512_fhs_01.jpg

DJ Jazzy Jeff & the Fresh Prince
(発売元:ワーナーミュージック)

最新作はまだまだ制作中なので、ウィル・スミス自身が「最良の時代」として記憶しているという本作を。「ヒップホップ史上初の2枚組LP」と言われる本作は、「Parents Just Don't Understand」のヒットを生んだこともあり、300万枚を超えるセールスを記録した。当時の邦題は『こいつがDJ、オイラはラッパー』だった。


 ジェット・リーではない。リー・リンチェイと呼ぶべし! オールドスクールなカンフー・ファンが概してそうであるように、ワシも20年近く、この“ハリウッド仕様”な芸名に違和感を覚えてきた。

 今回の主役は、同じくハリウッド仕様な名前で世界中に知られることとなった元ラッパーである。

 ここでワシは、80年代後半の、とある音楽賞のセレモニーを思い出す。プレゼンターを務めるエディ・マーフィーがスピーチの中で「プリンス云々」と言った瞬間、1階前方のアーティスト/関係者席に陣取るひとりの黒人青年が、身振りも大きく反応したのだ。それをいなしてエディ・マーフィー曰く「いや、君じゃないよ、フレッシュ・プリンス。あの有名なプリンスのほうだ」。

 この“フレッシュ・プリンス”こそが、今や別の名前で全世界に知られている人物。もっとも、リー・リンチェイ/ジェット・リーと逆で、芸名から本名に回帰し、“ウィル・スミス”で通っているのだが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ