サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【小市慢太郎】アニメ映画に光る社会風刺と...

――笑顔を絶やさぬ役からシリアスな役まで、いまや映画やドラマで目にせぬ日はない小市慢太郎。彼がエンターテインメントの世界に求めるファクターを探る。

1403_byplayer_03.jpg
(写真/江森康之)

 映画を観る・選ぶ基準っていうのは完全に直感です。そもそも僕の行動原理はいつも勘なので、自分が出演する映画やドラマに関しても勘で選ぶことが多い。でも、直感とは別にその時期や好みに傾倒しているもので左右されることもあって、それは常に変化しているともいえます。

 例えば、シリアスなものに興味が向いているときもあれば、すごいエンターテインメント性の高いものに興味が湧くこともある。ただ、一貫してブレていないのは、自分がそのときに「演じたい・観たい」と思うものを選ぶようにしていること。これが、勘ですね。

 若い頃は、やっぱり尖った作品や、テーマ性の強い作品、そういったものが自分が多くかかわってきた作品でしたけど、今だとエンターテインメント性の強いもの、笑えるもの、明るいものに興味が湧きますね。一時、サイケなものを欲する時期もあったけど、一周して“やっぱり普通がいい”みたいなね。

 今は子どももできて、明るい日常を送れていることもあり、子どもと一緒に観て楽しいものにフォーカスしている部分も大きいですね。

 そういう状況もあってか、最近観て一番印象に残っている作品は、『カンフー・パンダ』【1】というドリームワークスのアニメです。子どもと一緒に観ることがほとんどですが、なにしろ1日1回は必ず観てますから。でも、子ども向けの映画かと思いきや、繰り返し観てもストーリーもよくできているし、社会的な風刺も利いている。今のアニメ映画は非常に完成度が高く、生身の役者として悔しいと感じることもあります。映画の中には、人生におけるヒントもちりばめられていて、むしろ子どもより僕が受けている影響のほうが大きいかもしれないですね。

 映画の原体験として一番衝撃を受けたのは『スター・ウォーズ』【2】。中学生くらいのときに観て、ただただ圧倒された記憶がありますね。大きなスクリーンに自分が観たことのない世界が広がっている。ストーリー云々よりも、そういった部分に惹かれました。

 例えば、宇宙船がまるで実在しているかのように飛んでいる姿やスピード感。僕は映画が放つ魅力は、実はそこにあるんじゃないかと思っているんです。大きなスクリーンの中に入り込み、そこで空間やスピード感を浴びるように体験する。それこそ映画の醍醐味なんじゃないかな。ドラマや自分の生きている世界に近いものもあるけど、「映画館で観る」という行為は特別だと思います。

 自分はもともと演劇出身の人間なので、密閉された空間に大勢の人間がいつつ、そこである種のものを共有しているという、その時空間全体が、すごく意味のあることだと感じるんです。それが同じ作品であっても、お茶の間で観ることと映画館で観るということは、体験の濃度としてまったくの別物なんです。

 それと、さっき話した“直感”との矛盾が生じるようで申し訳ないんですが、映画はストーリーも重視しています。物語自体をどれだけ巧みに見せるか? というのも映画の醍醐味ですから。演出、演技、かかわるスタッフの技術、それらを総じて“物語”として伝える。なので僕自身、出演の話をいただいたときは、脚本ありきなんです。世界は言葉でできていますから、その言葉を使って、どう伝えたいのか? あるいはどのように作り上げたいのか? ということを視覚化していくものが映画だと思っています。

 最後に、別の意味で記憶に残っている映画だと……タイトルを言うのもはばかられるんですが、ビョークが主演した『ダンサー・イン・ザ・ダーク』【3】や『セブン』ですかね。とにかく映画の最後の最後まで絶望しかない作品性というか、もちろん、そういった作品が評価されることもあるし、観る人間の価値観もあると思いますが、正直、僕個人としては理解できない。そういった作品を創造する以上、何かしらの意図は必ずあると思うけど、もう立ち上がれないようなものを作ったときに、そこから生まれるものはいったいなんなんだろう……? って。それが一種の芸術性や視点を変えるきっかけになり得るのかもしれないけど……一筋の光のようなものが見えない限り、僕はあまり惹かれない。

 今の自分にとって「映画」というのは、常に楽しいものであってほしいんです。どんな物語であれ、最後は心が晴れる作品。その感覚は昔からずっと変わっていないけど、子どもができて、さらにそう思うようになりました。

 世界中でさまざまなことが起きているこんな時代だからこそ、エンターテインメントは死守してもらいたいですね。

(構成/橋本 修)

小市慢太郎(こいち・まんたろう)
1969年生まれ、大阪府出身。劇団M.O.P.(10年解散)に所属し、ほぼすべての公演に参加。11年にNHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』に出演し高評価を得、映画『ハゲタカ』や『パッチギ』などでも好演。現在は映像作品を主なフィールドとし、繊細な表現力と精密な演技力で活動。CM「三井住友VISAプラチナカード」「JTB」、ドラマ『僕のいた時間』(フジテレビ)が好評放送中。

1403_byplayer_13.jpg

【1】『カンフー・パンダ』
監督:マーク・オズボーン/声の出演:ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリーほか/発売:角川エンタテインメント
スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが手掛けた、動物&昆虫らによる全米ナンバーワン・カンフーアニメ。主役がレッサーパンダだけにキャッチコピーは「ここらで白黒つけようぜ!」。(08年公開)


1403_byplayer_14.jpg

【2】『スター・ウォーズ』
監督:ジョージ・ルーカス/出演:マーク・ハミル、ハリソン・フォードほか/配給:20世紀フォックス/発売:20世紀フォックス
アメリカが誇るSF超大作シリーズの第一作。それまでのSF史を変えた世界的エンターテインメント作品と言われており、日本国内にも多くのスター・ウォーズ・フリークが存在する。(78年公開)


1403_byplayer_15.jpg

【3】『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
監督:ラース・フォン・トリアー/出演:ビョーク、デヴィット・モースほか/発売:松竹ホームビデオ
アメリカで暮らすチェコの移民、セルマが先天性の奇病で失明の危機に――歌手として活動するビョークが主役を演じたミュージカル仕立ての映画。カンヌ国際映画祭では最高賞と主演女優賞を受賞。(00年公開)


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ