サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【安藤サクラ】28歳の女優が福島で見た景色
第1特集
名バイプレイヤーに聞く"ヤバい映画"【2】

【安藤サクラ】福島・警戒区域を舞台にした作品で28歳の女優が見たもの

+お気に入りに追加

――まだ28歳ながら、邦画の名脇役女優といえば必ず名前が挙がってくる安藤サクラ。数々の作品で名演・怪演を見せてきた彼女が魅せられた映画とは?

1403_byplayer_02.jpg
(写真/永峰拓也)

 もともと、そんなにたくさん映画を観るほうではないんです。DVDではほとんど観ないですね。最近劇場で観て「ヤバい」と思った作品でいうと、新文芸坐(東京・池袋)でやっていた『天国の門』【1】。これはずっと大きなスクリーンで観たいなぁと思っていて。ハリウッドが大騒ぎになるぐらいの超大作じゃないですか。219分もあるのに観ていて全然疲れなかった、いや、違う、ものすごく豊かでした。映画そのものが豊か。それがうれしかったです。スゴいとしか言いようがない。そしてクリストファー・ウォーケンがかっこいい。

 ウォーケンさんつながりでいうと、『ミッドナイト・ガイズ』【2】はスゴかったです。アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキン、この3人が揃うなんてすごすぎます。だってもう、皆さん70歳を越えてるんですよ。その年齢だとしても、アラン・アーキンには女子として「抱かれたい」と思ってしまうほど色っぽい。お三方とも全然かっこよさが違っていて……なんというか超憧れます。

 自分が出演した作品で壮絶だったのは、『愛のむきだし』(09年)と『かぞくのくに』(12年)です。現場の話ですけど、園子温監督の『愛のむきだし』は、撮影の間ずっとエネルギーがぶつかり合ってそこら中で爆発しているような感じ。反対にヤン・ヨンヒ監督の『かぞくのくに』は、北朝鮮と日本の話というのもあって、現場は“静かなる戦争”っていう感じでした。両方とも常に気を失いそうになるのをグッとこらえていました。

 あと、あまり自分の出演作品として挙げられる機会は少ないんですけど、自分の中ですごく重要な作品になっているのが、タナダユキ監督の『俺たちに明日はないッス』(08年)。デビュー作ではないけれど、この作品から始まった、というか。当時は『愛のむきだし』の撮影とも時期が重なっていて、体力的にはしんどかったんですけど、タナダ監督とはそれほど密な交流を持ったわけではないのに、すごく楽しかった。タナダ監督に恋をしていたんだと思います。あの時の自分が好きとかいうことではなく、常にああいう気持ちでいられたらいいなって思う作品です。

 主演と助演の違い……というと、当たり前のことしか言えませんが……。単純に現場にいる時間が圧倒的に長い。毎日ずーっと現場にいると、周りのスタッフの方々との関係も濃密になってきますし、そういう、みんなで同じ時間を過ごして同じものを見ることは、単純にものすごく贅沢なことだなぁ、と思います。

 ただ、助演として全然知らないところへパッと行ってパッと撮って帰っていくっていう緊張感もとても大切にしています。助演の場合、内容的にも全体の中で私の出演部分がどんな感じなのか、ほかの部分がどんなふうに撮影されているのかわからないので、そういう場合は撮影中もなんていうか、現場ですごく居心地が悪いです。気まずいです。でも、その居心地の悪さはすごく好きです。自分に何かしらの負荷がかかる環境に身を置くことは楽しいんです。

 作品の中で、自分は何を求められているのかっていうのは、私もわからないし、その意思疎通が監督と100%できているわけではないですし、だからもう、全力でウンコ出すようにしています。ウンコが好きな監督もいれば、フローラルな香りが好きな監督もいると思うので、フローラルを求められれば、そういう香りのウンコを出します。……ウンコでしか表現できず、申し訳ありません。

 最近だと、3月に公開される『家路』は、震災後を生きる家族と故郷のお話で、1週間ぐらい福島に行って撮影しました。誤解されるかもしれないけど、あえて自分の感情を抜きにして、客観的に映画のことだけを考えて言うと、震災があって故郷を離れなくてはならない状況になって、誰もいなくなって、でもそこには美しい景色があって……。自分たち日本人のルーツというか、私たちが育ってきた国の、私たちが踏みしめてきた大地や田んぼの景色が、あの震災を経て映画の中に映っているのは、皮肉だけれどすごいことだと思います。それは日本だけでなく、地球すべて、自分たちの生きている星のこととか、家族の話っていうだけじゃなくて、そういうことを考えさせられた映画です。私たちはこれからもお米を食べて、こういう景色を見ながら生きていくのだと強く思いました。 

(構成/おぐらりゅうじ)
(スタイリング/内藤克幸)
(ヘアメイク/伊藤貞文 for NARS Cosmetics SIGNO)
(トップス/LABORATORY/BERBERJIN(r))
(パンツ、ブレスレット/TOGA TOGA 原宿店)

安藤サクラ(あんどう・さくら)
1986年、東京都生まれ。『風の外側』(07)でデビュー。映画を中心に、『愛のむきだし』(09)、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10)、『かぞくのくに』(12)などの話題作に次々と出演。今年は『家路』のほか、『春を背負って』(6月公開予定/木村大作監督)に加え、主演映画『0.5ミリ』(安藤桃子監督)の公開が控える。

1403_byplayer_10.jpg

【1】『天国の門』
監督:マイケル・チミノ/出演:クリス・クリストファーソン、クリストファー・ウォーケンほか/発売:20世紀フォックス
1890年代のワイオミング州を舞台にした超大作。本来は5時間30分を超える長編で、かかった予算は4400万ドルながら1週間で公開が打ち切られ、制作会社を倒産に追い込んだ、ある意味歴史に残る映画。(80年公開)


1403_byplayer_11.jpg

【2】『ミッドナイト・ガイズ』
監督:フィッシャー・スティーヴンス/出演:アル・パチーノほか/発売:TCエンタテインメント
長い刑期を終えたギャング(パチーノ)と、それを迎える親友(ウォーケン)、途中で加わるもうひとりの友人(アーキン)。老いてはいるが元気な彼らの、久々の再会による騒ぎをコミカルに描くクライムコメディ。(13年公開)


1403_byplayer_12.jpg

【3】『家路』
監督:久保田直/出演:松山ケンイチ、田中裕子、安藤サクラ、内野聖陽ほか/配給:ビターズ・エンド/公開:3月1日より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー (c)2014『家路』製作委員会
震災で代々の土地を失い鬱々と暮らす総一(内野)は、立ち入り禁止区域の生家に弟・次郎(松山)が帰っていることを知る。安藤は総一の妻・美佐を演じる。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ