サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【女子アナ】が女優に向かない本当の理由
第1特集
【premium限定】女子アナ出身は女優になれない!

『あまちゃん』人気で八木亜希子に注目が集まるも、女子アナが女優に向かない本当の理由

+お気に入りに追加

1310_az_ana.jpg
『私たちがアナウンサーだったころ』(フジテレビ出版)

 元フジテレビアナウンサーの八木亜希子が、大ヒット中のドラマ『あまちゃん』(NHK)でヒロイン・アキの友人であるユイの母親役を好演し、注目を集めている。しかし、彼女のようにフリーへ転身後に女優として成功した例は意外に少ない。ここ10年のブームによって芸能人のボーダレス化が顕著でありながら、女優という道に進む女子アナがいないのはなぜなのだろうか?

 まず、元アナウンサーという経歴の持ち主で、大女優と呼ばれているのはたったひとりと言ってよい。1962年にNHKを退社してフリーになった野際陽子がその人であり、TBS系の『赤いダイヤ』(63年)や『キイハンター』(68年)の演技で注目を集めたのを皮切りに、TBS系の『ずっとあなたが好きだった』(92年)での冬彦さんの母役で大ブレイクを果たしている。

 彼女のほかにもうひとり挙げるとすれば、85年にフジを退社した山村美智が女優に転身後、舞台方面の才能を開花させて、オフ・ブロードウェイ公演を成功させた。それに続くのが先の八木亜希子であり、彼女もまた、2000年にフジを退社後、映画『みんなのいえ』(01年)のヒロイン役で、『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。その後は大きな役に恵まれなかったが、今年の『あまちゃん』で確固たるポジションを築いたといえるだろう。

 元長野朝日放送の斎藤陽子や『やじうまプラス』(テレビ朝日系)のお天気キャスターで人気を集めた甲斐まり恵など、前述の3名以外で女優業を行う元アナウンサーもいるが、仕事ぶりを見る限り、いずれも小粒感は否めない。そのほかのフリーアナたちは、キャスターや司会業よりタレント業にウェイトを置くことはあっても、女優としての仕事すらないことがほとんどなのだ。
 
 それでは現役の局アナはどうなのかといえば、ドラマ出演に関するニュースは度々報じられている。しかし、それは主演や準レギュラークラスではなく、あくまで自社ドラマの話題作りに利用される添え物的な扱いだ。

 最も多い事例は、つい先日もテレ朝の久富慶子アナが『警視庁捜査一課9係』でリポーター役を務めたように、アナウンサーやリポーター役という本来の彼女たちの職業を演じる形式。ほかにも、フジの大島由香里アナが『SP 警視庁警備部警護課第四係』(07年)でニュースキャスター役を務めたり、『名探偵の掟』(09年/テレビ朝日系)のアナウンサー役で大木優紀アナ、堂真理子アナ、前田有紀アナ(現在は退社)など6名が出演するなど、この例は各局とも枚挙に暇がない。

 フジの『dinner』(13年)にカトパンが本人役で出演したり、『バツ彼』(04年)にTBS時代の小林麻耶アナが主演の元カノ役を演じるなど、アナウンサー役以外での出演事例もあるが、そのどれもが本筋に絡まないチョイ役程度。過去に一度だけ、ネット配信の『フォーチュン・バナナ』(04年)というオムニバスドラマで、フジの千野志麻アナ、TBSの竹内由恵アナ、テレ朝の河野明子アナがそれぞれ主演を務めたことがある。しかし、こちらも当時隆盛していた“女子アナブーム”に便乗したお遊び的な企画であり、この後にこの手のドラマが制作されることはなかった。

 一方で、フジ系の『女子アナ。』(01年)やテレ東の『女子アナ一直線』(07年)という「女子アナ」をテーマにしたドラマも放送されており、そこに局アナを出演させても良さそうだが、チョイ役ですら出ていない。おそらくフィクションであるドラマの主題にかかわる役柄に、実在のアナウンサーを出演させることの違和感を嫌ったのだろう。

 つまり、在局中の女子アナが映画やドラマ業界に深くかかわることは不可能であり、演技の素養を磨くということも難しいのだ。

 これらを踏まえると、局アナがフリーになって女優に転身することは非常に困難だと推察できる。局アナ時代は演技に役立つ能力を伸ばせず、フリーになったときはアラサーという年齢。一から女優としてステップアップしていかなければならないが、すでにある程度の知名度を得ているため、『あまちゃん』の能年玲奈のような新鮮さは絶無である。

 もちろん芸能界には遅咲きの役者もいないわけではないが、それも若い頃から地道に演技の道を志してきた人間がほとんどだ。ちなみに、前述した野際陽子や八木亜希子は、フリーになって1、2年のうちに演技の仕事で評価を受けているのだが、これはもはや、本人の持って生まれた素質と運によるところが大きく、努力の及ぶ範囲ではない。となれば、これまで培ってきたアナウンス技術でキャスターや司会業をメインにこなすほうがリスクははるかに少なく、ギャラの高いCM出演でも決まれば、苦労して女優業に手を出す必要もない。そんな背景もあり、元アナウンサーの女優という存在が生まれにくくなっているのだ。

 また、キャスター業への執着という面もある。フリーに転向するような人気アナはバラエティ番組でアイドルまがいの役割を求められることが多く、アナウンサーであるはずの自分とのギャップに悩むこともしばしば。それは、女子アナがフリーに転向する理由の常套句が「報道の仕事がしたい」であることからも想像できる。そのことから、キャスターやイベント司会など、あくまでインテリジェンスを感じさせる仕事に傾倒していくのだろう。

 これらのさまざまな理由から、女子アナにとって女優という職業の門戸は狭く、これからも広がることは難しそうだ。

(女子アナウオッチャー・百園雷太)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』