サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 後継者不在の【ジブリ】に年内解散説も浮上!?
第1特集
アニメ業界の奥の院「ジブリ」の実情【1】

後継者不在のジブリに来年解散説も浮上!?

+お気に入りに追加

――いまや日本だけでなく世界でも有数のアニメスタジオとなったスタジオジブリだが、そんな同社を支えてきた巨匠・宮崎 駿を始め、同じく大監督の高畑 勲、豪腕プロデューサー・鈴木敏夫などの面々も高齢に差し掛かり、長らく後継者問題に揺れているが……。

1311_GHIBLI_01.jpg
(絵/我喜屋位瑳務)

「『どうせまた』と思われているが、今回は本気です」

 去る9月6日。アニメ映画監督の宮崎 駿が長編映画制作からの引退を表明した。集まった報道陣は600人。会見は1時間半に及び、時にジョークを交えながら質疑にも応じた。通算5度目、3年ぶりの引退宣言である。

 御年72歳――。引退の理由を「年齢による衰え」とした宮崎氏だが、会見で「やりたいことはあります。やれなかったらみっともないので言いません」と、今もって鼻息は荒いご様子。時を前後して宮崎氏が最後の監督作として挑んだ『風立ちぬ』は、昭和初期のゼロ戦開発者の若き日を描き、結果、興行収入100億円を突破した。

 いったい、宮崎 駿とは何者だったのか? 本稿では、総資産186億円(13年3月末現在)の企業取締役でもある彼と、彼が築いてきたスタジオジブリ(以下/ジブリ)の「光と影」について、関係者の証言を交えながら迫るとしよう。

宮崎 駿の引退宣言は人件費を賄う戦略?

「今回の引退劇は、これまでの28年のジブリ史上、最もよくできた宣伝です」

1311_GHIBLI_02.jpg
建設前に三鷹市で反対運動が起きたジブリ博物館。

 こう断言するのは、アニメ業界関係者A氏だ。というのも『風立ちぬ』は、これまでの同社作品とは違い、公開当初「子どもが飽きて泣きだしている」と言われるほど、大人向けな作品。監督自ら公開に先がけ、「後の世から(戦争を)断罪するのは簡単。みな、あの時代の空気を肌で感じようとしていない」と発言していることからもわかる通り、本作で宮崎氏は、戦争に加担した実在の人物の苦悩を描いている。

「とにかく映画館に足を運んでほしい。そのための話題づくりとして、宣伝担当の鈴木敏夫プロデューサーは、映画が後伸びするように、『宮崎駿の引退作』という作戦で勝負に出たようだ。まず手始めに海外(ベネチア)で引退を発表(9月1日)し、日本での記者会見を後日(同6日)開くことで、マスコミやファンの期待感を煽ったんです。いわば、二段重ねの引退劇です」(同)

 鈴木氏が、こうした奇策に打って出たのには、訳がある。

「ジブリはアニメ業界では珍しく、約300人の社員をすべて正社員として抱え、福利厚生の手厚さも有名です。人件費だけでも毎月億単位でかかるようです。一月2億円と仮定し、単純計算して1年で24億円、2年で48億円……。DVDやイベントなどの権利ビジネスの副収入があるとはいえ、毎回、最低100億円の売り上げを作らないと採算が合いません。是が非でも、制作に5年かかったという『風立ちぬ』をヒットさせる必要があったわけです」(同)

 話を聞く限り企業体として、この戦略に眉をひそめるポイントはない。しかし、宮崎アニメは業界の常識をはるかに超える売り上げを持つだけあって、彼の引退が意味するところは大きい。カリスマを失った日本一のアニメ工房の未来は明るいのか?

天才の横暴で後継者が育たない!

 スタジオジブリの設立は今から28年前、1985年に遡る。

『風の谷のナウシカ』(84年)の興行的成功をきっかけに、『天空の城ラピュタ』制作時の85年に、同作を制作した徳間書店が中心となり、ジブリはアニメーションスタジオとして開業した。当初から理念は変わらず、「人間の心理描写に深く入り込み、豊かな表現力で人生の喜びや悲しみをありのままに描き出す」こと。2大看板は説明不要のアニメ監督、宮崎 駿と高畑 勲である。

 最初の興行的成功は『魔女の宅急便』(89年)。264万人が劇場に足を運び、同年の邦画NO.1ヒットを記録。監督中心主義を貫くジブリにあって、本作の成功は、2大看板の神格化に拍車をかけるきっかけになったという。アニメ誌ライターが振り返る。

「当時のアニメ業界は、『描いた絵1枚、塗った絵1枚につき』賃金を設定する出来高制が通例。『魔女の宅急便』当時のスタッフの収入は普通の勤め人の半分だったと聞きます。そんな状況下、劣悪な労働環境に一石を投じたのが宮崎監督でした。スタッフの社員化と固定給制度の導入を提案。新人の定期採用を掲げ、アニメーターの育成にも力を注ぎ始めます。託児所も完備し、社員の収入も大企業並みのようです。こうした経営体制を続けてこれたのは、毎回ジブリがヒット作を出し続けているからです」

 ここまではジブリのイイ話。問題はその先にあるようだ。

「宮崎監督と高畑監督は、誰もが認める天才です。この2大看板に豪腕の鈴木プロデューサーが加わることで、同社の経営体制は強固なものになりました。しかしこの体制が問題です。監督中心主義を貫くジブリでは、監督の指示は絶対。逆らうことはおろか、意見を言うことさえ許されません。いわば、天皇と呼ぶべき存在です。スタッフは彼ら2人の考えや世界観を理解し、指示通りに動くことが求められます。超一流のイエスマン、こんな表現がピッタリでしょう。無論、2人のような気概を持つ後継者が現れる余地はありません。アニメ界では、ジブリ出身のスタープレイヤーがほとんどいないことからも明らかでしょう。宮崎監督と高畑監督、鈴木プロデューサーが考えるジブリ流の育成とは、アニメ制作のロボット人間を量産することと見る関係者もいます」

 この話を受け、前出のA氏も息巻く。

「宮崎監督は激情型の人。自分の世界観がすべてなので、気に入らなければ即却下する。2~3年に1作品という、同業他社では考えられないスローペースなモノづくりゆえ、やり直しもし放題。ジブリには監督に意見できる社員は存在しません。仮に2人以外の監督が作品を手がけても、必ず横から宮崎さんが出てきて否定します。反論できるのは悪評高き『ゲド戦記』を手がけた息子の吾朗氏ぐらいですよ。一方の高畑監督はこの7年間、新作発表もなかった。その間、ずっと作品の構想を練っている……といってもその時間の大半は、お付きの社員と雑談してるだけだったそうです。彼ら2人の、この手のやりたい放題話は尽きません」

 また、アニメ雑誌の編集者B氏は、04年公開の『ハウルの動く城』の制作当時、東映から異例の出向という形で監督を務めていたものの、ある事情で監督を退いたとされる細田守監督の退任騒動について言及する。

「細田監督は、ジブリ側が直々に監督をお願いしておきながら、突如切り捨てられたのは業界内では有名な話です。一説によると、細田監督は01年頃に『ハウル~』の制作を依頼された。もともと同社の面接も受けたほどジブリの大ファンだった細田氏は、業界内で懇意にしているアニメーターを集め、意気揚々と動き出したそう。その時、同時並行で制作が進められていた宮崎氏が監督する『千と千尋の神隠し』(01年)が間に合わず、細田氏が使うはずだったジブリのスタッフまで強引に徴用してしまい、その不協和音から降板になったそうです。細田氏は、自ら集めた外部のスタッフを制作要員として拘束してましたが、彼らが『ハウル~』を手がけることはなかった。細田氏は、『もうアニメ業界にいられなくなると思った』と恨み節を話しているそうです」

 また、宮崎氏と高畑氏という、互いの才能に尊敬しつつも、嫉妬し合うといういささかめんどくさい2人の間を巧みに取り持つのは、プロデューサーの鈴木氏だという。これまで制作プロデュースと宣伝を、一手に引き受けてきた男だ。

「鈴木さんはジブリの低迷期、テレビ局との提携を打ち出し、『魔女の宅急便』以降のジブリ成功の道筋を作った立役者。監督2人と同じランクの天皇です。会議中の威圧感といったら、それはもう。気づくと萎縮している社員が、多いと思いますよ」(A氏)

勝手に童話を原作にし挿絵画家が激怒!

 プロデューサーの鈴木氏をして、 「ジブリは宮崎駿が作品を作り続けるために作ったスタジオ。彼が辞めるなら解散してもいい」とさえ言わしめたというジブリ。彼らのこうした傍若無人な振る舞いも、ジブリで働くスタッフたちは、誰もが、むしろそうした才能のそばにいられることを進んで受け入れている様子がうかがえる。だが、業界では必ずしも彼らの振る舞いに納得している者ばかりではないようだ。

「この手の話だと、『千と千尋の神隠し』の原案になったとされる『霧のむこうのふしぎな町』という童話に、出版社が帯で『千と千尋~』に影響を与えたと謳ったことをきっかけに、同作の挿絵作家が「著作権侵害だ」と激怒しているという話がある。たしか本作は、DVDとVHS合わせて500万本以上売り上げたはずだけど、彼らに対して著作料を払うどころか、そもそもあいさつさえしてないらしい。この件が和解したという話は今のところ聞かないし、その挿絵作家がジブリ糾弾を展開するホームページもいまだ残ったまま」(前出・アニメ誌ライター)

『千と千尋~』は、作品のヒットに反して問題も多いようで、DVD化した時にも次のような問題が噴出していた。

1311_GHIBLI_03.jpg
インターネットにある『千と千尋の神隠し』の予告画像(上)と、DVD版本編の画像(下)。比べてみれば一目瞭然で、赤みがかっているのがわかる。

「DVD版『千と千尋~』本編映像の色みが赤すぎると、一部で話題になったんです。劇場用のテレビスポットと比べると、映像の色調が考えられないぐらい赤みがかっていた。これは、(動画や音声を組み合わせてひとつのコンテンツに組み立てる)オーサリングの際、家庭用のテレビモニターを前提に調整しなかったことが原因で、劇場版とまったく違う色みになっていて、当時、『不良品じゃないか?』という苦情が発売元に殺到しました。でも、ジブリは一切、これをミスだと認めず、商品交換にも応じなかった。一方で、ジブリ作品は、ほぼすべてブルーレイ化されているけど、『千と千尋~』だけいまだにリリースされないのも不可解です。同じ色みを調整してリリースすると『DVD映像はミスだった』ということが判明するし、そうかといって赤みが残ったままでブルーレイをリリースしても、『なんで赤みが強いんだ』って再び、クレームの嵐になるのも確実。八方ふさがりとは、まさにこのことでしょう。不利な状況になるとだんまりを決め込むのが、ジブリ流ってわけです」(B氏)

 スタジオ設立から約30年、アニメ業界だけでなく、映画業界の中でも異例の売り上げを叩き出してきたジブリ。日本テレビや電通/博報堂、映画を配給する東宝に、ソフトを売るディズニーと、さまざまな利権を作り上げてきた。各社にはジブリ担当が置かれ、日テレにはジブリからの出向社員もいるほどだ。「ジブリの作品は必ず大ヒットするので、ジブリ担当はだいたい出世していきます」(A氏)とさえ言われるが、果たして絶対的カリスマを失ったジブリとその周辺は、これからどこへ向かうのか? 後継者が育ち継続するのか、それとも一部でうわさの上がる発展的解散か……。社内は混乱の極みとの情報もある。まずは手始めに、高畑監督による待望の新作『かぐや姫の物語』(11月23日公開予定)に期待したいところだが……。

(文/メコン伝太)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ