サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【電通、東宝、ディズニー】…etc.ジブリを取り巻く利権構造

──アニメ業界だけでなく、日本のエンタメ業界の中でも、有数の興行収入を生み出すスタジオジブリ。ここでは、ジブリの核である両監督とプロデューサーに加え、同社を取り巻く企業の内で、特に大きなものをいくつかピックアップした。

2大監督と敏腕プロデューサー

1311_GHIBLI_04.jpg
(絵/我喜屋位瑳務)

【1】宮崎 駿 (みやざき・はやお)
憲法改正の反対派にして、原発にも強く反対するなど左翼的思想が強い。性格は激情型。大学時代は児童文化研究会に所属。酔っぱらって「12歳の子どもと恋愛して、なぜ悪い?」と言い放ったことが押井守により暴露される。戦史・兵器マニアで、第二次世界大戦以前の甲冑・鎧兜や兵器に造詣が深い。東映動画時代にアニメーターの女性と結婚。2人の男児の父に。

【2】鈴木敏夫 (すずき・としお)
大学卒業後、「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)にてキャリアをスタート。「アニメージュ」編集長を経て、スタジオジブリ設立に参画。テレビ局や出版社に太いパイプを持つ。また、“2人しか理解できない仲”とさえ言われるほど微妙な関係である、宮崎と高畑のパイプ役でもある。論理派、天然系の二面性を有する。山手線沿線にある個人オフィス内では寝転がって打ち合わせをするとか。愛煙家。

【3】高畑 勲 (たかはた・いさお)
日本共産党支持を表明。東京大学文学部仏文科卒。テレビアニメ『狼少年ケン』で演出デビュー。東映動画時代の後輩・宮崎 駿に「ナマケモノの子孫」と評されるほどの遅筆。代表作は『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』『ホーホケキョとなりの山田くん』など。作品は毎回、野心的な試みがなされる。業界内の評価も高い。

スタジオジブリを取り巻く大企業

■電通・博報堂DYMP
公開されるたびに最低100億円の興行収入が見込まれるジブリ作品をめぐって、巨額マネーが行き交う。当然、最大手2社も協賛企業に食い込む。いわば“呉越同舟”状態。両社供に作品の善し悪しに口を挟むことはナシ。一方で、ここに同業他社が参入できるチャンスはないようだ。なお、『崖の上のポニョ』の主題歌を歌った「藤岡藤巻」の藤巻は博報堂の社員。

■東宝
日本を代表する映画会社のひとつ。ジブリ映画の配給を一手に引き受ける。3カ月のロングランを見込めるジブリ映画は、同社にとってドル箱コンテンツのひとつ。ネックは、公開日を延期するジブリの企業体質か。今年、「アニメ事業室」を新設し、自社企画でのアニメ事業の強化に乗り出し中。次なる一手となるか。

■徳間書店
鈴木プロデューサーの古巣。アニメブームに乗って発刊した雑誌「アニメージュ」が契機となり、宮崎駿・高畑勲を擁するスタジオジブリを設立。カリスマ経営者・徳間康快の逝去後、経営再建にこぎ着けた同社は、大政奉還する形でジブリとの関係を白紙化。友好関係は継続中。現在でもジブリ関連本を発行中。

■ディズニー
「打倒ディズニー」を公言した宮崎氏も、いまや世界進出を目論んでか、ディズニーと事業提携。日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパンが国内のビデオソフト販売を行い、本国ディズニーが海外でのジブリ作品配給を行う。同社が作品の善し悪しに口を挟むことはナシ。08年よりジブリの代表取締役社長は、元ウォルト・ディズニー・ジャパンの星野康二が務める。

■日本テレビ
『風の谷のナウシカ』と『天空の城ラピュタ』のテレビ放映権を日テレが購入したことをきっかけに、専属契約。映画制作費用の調達不足分や三鷹の森ジブリ美術館の建設に際し、元会長の故・氏家齊一郎に一部資金を立て替えてもらうほど密な関係を構築。現在、ジブリから日テレへ出向している社員は、鈴木Pの「アニメージュ」時代の部下であり、日テレはなぜかそんなジブリ社員を受け入れ続けている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ