サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【志賀勝】が語る「東映俳優とヤクザの深い関係」
第1特集
稀代の悪役俳優が語る「東映俳優とヤクザの深い関係」【1】

【志賀勝】菅原文太に松方弘樹…伝説の斬られ役が見た仁義なき”京都芸能”タブー

+お気に入りに追加

――ヤクザ映画『仁義なき戦い』シリーズをきっかけにブレイクした、“斬られ役・殺られ役・悪役”専門の俳優集団「ピラニア軍団」。その代表的な俳優のひとりが、志賀勝氏だ。東映の大部屋俳優としてデビューし、『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジテレビ)などのバラエティ番組でも活躍した彼の同期には、松方弘樹や北大路欣也らがいたという。そんな志賀氏が振り返る、東映とヤクザの深い関係、そして京都芸能タブーとは? かつて東映・京都撮影所に通い詰めていたという芸能ジャーナリスト・二田一比古が迫る――。

1311_shiga_01.jpg
(写真/中島光行)

 映画『仁義なき戦い』シリーズなどでお馴染みの、業界きってのコワモテ俳優・志賀勝。その顔つきと物腰から、“本職”の人たちからも一目置かれ、“そっち”の人間に間違えられたことも多々あるとか。“古き良き時代”の東映・京都撮影所の大部屋俳優出身ということもあり、酒やケンカのエピソードも枚挙にいとまがない。そんな志賀氏の「今だから言える東映時代の武勇伝」に、芸能ジャーナリストの二田一比古が斬り込んだ。

二田一比古(以下、) 大部屋俳優【編註:端役で出演している俳優たちのこと。全員まとまった大部屋を楽屋として使っていたことから名付けられた】時代はかなりヤンチャをされていたそうですが、印象に残っているエピソードから教えてください。

志賀 勝(以下、) 今だったら、法律でアウトになることばっかりやねぇ。例えば、基本的にタクシーはタダ乗りやった。

 運転手さんを脅すとか……?

 一緒に乗った役者仲間と車内でケンカを始めんねん。それで車を止めさせて、「表に出ぇや!」っていって、外でケンカする。そうすると、タクシーが勝手に逃げていくから。こっちは「金払わん」とは言ってへんねんで?

 役者さん同士だから、迫力があったんでしょうね(笑)。

 乗る前から打ち合わせしてんねん。その頃は売れてへんかったから、顔も割れてへんしな。

 志賀さん、当時は眉毛もなかったから、運転手さんも怖いですよね。お酒も相当飲まれたそうですし。

 あぁ、飲んだねぇ。

 飲み代はすべて、東映持ちだったんですか?

 いや、全部親父(俳優の加賀邦男)のツケや。それで仲間にも飲ませてたから、お中元はオレのところに店から贈られてきとったわ。

 飲み屋では、ケンカもしょっちゅうだったそうですが。

 まあ、俳優仲間の川谷拓三なんかは、飲んではケンカ相手がおらんか探してたね。オレもケンカしたけど、その時は殴られながら川谷がどんな顔してるかを見て、「あの表情を次の撮影で使おうかなぁ」なんて考えてたんだわ。

 演技を実戦で学んでいたんですね(笑)。殴り返したりはしなかったんですか?

 もちろんやり返すけど、普段から相手に当てないよう、ケンカの演技をしてたから、いざ実戦になったら当たらへんねん(笑)。

 クセになってたんですね。

 やられる時もオーバーやから、相手もびっくりするしな。

 当時の大部屋俳優さんって、お金の保証はあったんですか?

 多少はあったね。オレが東映に入った1960年当時で、日当が250円。今でいえば、820円くらいやろか。映画に出始めたのがその2年後くらいからで、その頃には750~1000円(3000~4000円相当)になったな。そこに、固定給が月2万円(8~10万円相当)ついた。

 1カ月仕事がなければ、固定給だけになると。

 せやで。しかも給料日になると、撮影所の前で借金取りが待ち構えてんねん。せやから、毎月25日は「逃げる日」やったわ。

 そんな状況では、日当と固定給だけで生活するのは、かなり苦しかったでしょう。

 撮影中に、チャンバラの刀とか、ケンカのパンチが当たってしまったら、当てた主役が手当として5000円くれんねん。それで、わざと当たりにいく“当たり屋”もおったな。

 1回殴られるだけで5000円とは、いいお金ですね。

 でもな、そんなんばっかやから、主役の付き人がチェックしてるんやわ。「今のはわざと当たりに行ってましたよ」「なに? じゃあ、2000円や!」って(笑)。中村錦之助さんや、大友柳太朗さんは上手だから絶対に当てへんけど、菅原文太さんなんかは、頭が悪いから、よう当ててきよったわ。

 頭が悪いって(笑)。

 ほんまに当ててるんやから、そらうまく映るわな(笑)。

 危険なシーンの撮影とかにも、手当は出たんですか?

 ビルから飛び降りるシーンなんかだと、“危険手当”で5万円もらえたな。今でいうと30万円くらいやろか。

 すごい額ですね。でも、代わりにケガをしても、補償はない。

 ないね。ほかにも、鶴田浩二さんの映画で、汽車の上から駅の窓に飛び込むシーンがあってな。それをやったら、危険手当とは別に、鶴田さんがポケットマネーで10万円くれたんや。

 東映からの手当の倍じゃないですか。日当は出番の長さによって増えるんですか?

 いや、長さというよりは、出る本数によってやね。当時は1日何本も撮影しとったから。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号