サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 忘れられない京都撮影所の恐怖ルール」【二田一比古】の忘備録
第1特集
稀代の悪役俳優が語る「東映俳優とヤクザの深い関係」【2】

【芸能ジャーナリスト・二田一比古】が語る京都撮影所の【恐】ルール

+お気に入りに追加
1311_shiga02.jpg
『仁義なき戦い 公開40周年 そのすべて』(メディアックス)

 私が東映・京都撮影所によく取材に出掛けたのは、映画『仁義なき戦い』シリーズが大ヒットしていた1970年代後半頃だった。太秦という場所は、撮影所に着く前から、独特の緊張感があった。いかつい男の軍団が所内を闊歩するその世界では、場所を聞くのにもいちいち気を使ったものだ。

 撮影現場をのぞくと、上から横から大声が飛んでくる。

「何してんのや、そんなところに立っていたら邪魔や!」

 頭上から容赦なく聞こえてくるのは、照明係の野太い声。「ベテランの照明さんは、撮影所内ではある種の権力者。主役以外は、照明係の人の意見が絶対だから」と聞かされていたのだが、実際、こんなエピソードもあったらしい。

「東京から役者が撮影に来るけど、どんなに東京ではスターでも、太秦に来たら太秦のルールに従ってもらうだけ。守らなければ教えてあげるだけ。生意気な奴には、照明器具を当たるか当たらないかギリギリのところにわざと落とす。もちろん絶対に当てない技術があるからできることだけどな」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』