サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 東西【デザイナー】映像化に見る、その"虚と実"
第1特集
「本」「映画」に見る、ファッションのタブー性の根源【2】

シャネルと『カーネーション』 東西デザイナー映像化に見る、その“虚と実”

+お気に入りに追加
1307_az_taboo02.jpg
DVD『ココ・シャネル』

 世界的ブランド「シャネル」の創設者、ココ・シャネル。孤児院育ちというドラマチックな生い立ちと相まって、数多くの伝記が残されている。09年から10年にかけては、シャネルを描いた映画作品が3本立て続けに日本公開された。

米・仏・伊合作の『ココ・シャネル』【9】では、大女優、シャーリー・マクレーンが、フランス映画『ココ・アヴァン・シャネル』【10】では、『アメリ』の主演女優オドレイ・トトゥが、シャネルの孤高の生き様を表現した。『シャネル&ストラヴィンスキー』(仏・09年)は、作曲家ストラヴィンスキーとの関係を中心に、性愛の交錯を描く。

 パトロン的存在でもあった恋人たちとの関係など、シャネルの実像が描かれるこれらの作品。だが、12年に邦訳が発売されたシャネルの伝記『誰も知らなかったココ・シャネル』【11】で書かれた、ナチスのスパイだったという事実はおろか、生前から問題になっていた対ナチス協力などについてはほとんど触れられていない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』